飯島愛のブログは生きている 死後1年毎日コメント書き込まれる

印刷

   飯島愛さん(享年36)が急死してから1年がたった。ブログは当時のまま残されていて、ファン達は今でもコメントを書き続けている。飯島さんが最後に書いたブログへのコメントは6万を超えた。ファン達にとって飯島さんのブログは宝物になっていて、コメント欄はファン達の交流の場にもなっているのだという。

   飯島さんは、自宅マンションでうつぶせに倒れ、死亡しているのが2008年12月24日に見つかった。死後1週間程度経過していた。07年3月で芸能界を引退したものの、死亡する直前にはイベントに出演するなど「復帰」が噂されていた。遺書はなく、鎮痛剤など薬物の副作用が原因ではないか、とも報じられたが、行政解剖をしても死因は特定できなかった。警視庁は「肺炎」とだけ発表している。

「愛ちゃん いつも助けてくれてありがとう」

   飯島さんの最後のブログは08年12月5日付で書かれている。タイトルは「凄い人だったよ」。そこには2枚の写真が掲載されていて、1枚目には小沢一郎氏、麻生太郎氏、大リーグのイチロー選手から贈られた花が写っている。飯島さんはこの写真説明で「うわー、凄い並び」と書いた。2枚目には飯島さんの後ろ姿と一人の男性の姿がある。飯島さんは「この人、みてきました」と説明。この日のブログはこれだけだった。

   飯島さんが何を伝えたいのか、場所はどこなのか、写真の男性は誰なのか、ファンの間でちょっとした騒ぎになった。

   今、この最後のブログには、6万2500を超えるコメントが付いている。死亡して1年近く経過したのにも関わらず、毎日コメントが増えている。そこには、

「あいちんは元気かな??って おかしいかもしれないけど・・・まだ何処かに居そうでさ・・・」
「愛ちゃん いつも助けてくれてありがとう 私、愛ちゃんの愛にいつも救われてるょ。。。」
「愛珍、大好き。毎日、貴方の事思ってます。逢いたいです。伝わってますか?」

などと綴られている。09年12月17日のコメントには、もしかしたらこの日が命日かもしれないとあって、

「愛ちゃんお久しぶり 今日は愛ちゃんの命日だね。もう1年過ぎちゃったんだ」
「愛ちゃん来たよ あれからもう一年だね 早いね 戻りたいね」
「飯島愛さんはこれからも唯一無二の存在、永遠です。愛ちゃん元気でね またね」

といったコメントが並んでいる。

ブログを残すかどうか、結論は出ていない

   「アメブロ」を運営するサイバーエージェントによれば、ファン達にとって飯島さんが残したブログは、飯島さんを偲ぶ宝物のような存在になっている。コメント欄は飯島さんに対する思いを書き綴るだけでなく、他のファンと飯島さんへの思いを共有する交流の場にもなっているのだという。しかし、飯島さんが亡くなった今、更新されることのないブログはいつまで存在するのだろうか。同社広報によれば、ブログを閉じるかどうかは、遺族や以前に所属していた芸能プロダクションの判断になり、

「今後どうしていくかの結論が出ていない状態です」

と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中