「うんこ」キャラクター大うけ! 不況日本を元気に明るくする?

印刷

   今、「うんこ」のブームが来ていて、「うんこ」が主役のアニメやマンガ、歌が大人気だ。関連の食品や、開運グッズも売れているのだという。

   関西テレビのローカルの番組「音エモン」で09年4月から7月まで13回放送されたアニメ「うんこさん」が大人気で、アニメのDVDも発売されている。

ぬいぐるみ、アクセサリー、玩具などが続々と発売

   また、登場キャラクターのぬいぐるみ、アクセサリー、玩具などがバンダイ、タカラトミーなど大手玩具メーカーから続々と発売された。

   この「うんこさん」、登場するキャラクターは「ラッキー島」に住む「ツイてる人にしか見えない妖精」で、その姿は全員「うんこ」。第1回目放送分が「ユーチューブ」にアップされていて、閲覧数は20万近くになっている。主人公の「うんこさん」は仲間を幸せにする特殊能力を持つ。友人の「ババくん」がお金に困っていると、

「僕が君のためにウンをつけてやるよ!」

   と特殊光線を出す。すると、「ババくん」に金運が付く、といったストーリーだ。また、音楽CD「うんことサンバ」も発売。歌詞は、

「バークバク残さずご飯を食べたなら ブーリブリ元気にトイレに行っとれ 幸せって何色?よ~く見てみよう」

   といったものだ。

   このアニメとは別の「うんこ」関連グッズもかなりの人気になっているようだ。「うんが付く!」という触れ込みでとぐろを巻いている「金のうんこ」携帯ストラップや、貯金箱が売れ、菓子では「うんちくんグミ」というものがあり、熱狂的ファンが駄菓子屋に買いに行っているのだそうだ。

真っ先に飛びついたのが女子高生

   アニメ「うんこさん」を制作している関西テレビの関連会社メディアプルポによれば、放送直後から人気が出て、キャラクターグッズを作りたいとの問い合わせが相次いだ。海外からの取材もあり「あんな汚いものがなぜアニメ化され、キャラクターグッズが生産されるのか」と驚きの声が出たという。

   このアニメが制作された背景には、

「不況の暗い時代に日本を明るくできるもの、落ち込んでいる人に『運』がつき元気になってもらう、というものがあった」

   と同社は打ち明ける。

   真っ先に飛びついたのが女子高生。ケータイは、恋愛を成就させたい人は恋愛の願いが叶う「うんこ」のキャラクターを。お金が欲しい人はお金持ちになるキャラクターを待ち受け画面にしているそうだ。2010年1月からは「うんこさん」の続編アニメが始まる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中