「歌い手として最低でした」 浜崎あゆみブログで衝撃告白

印刷

   歌手の浜崎あゆみさん(31)に何が起きているのだろうか。出演した歌番組で、声が出なくなるようなシーンが相次ぎ、ネットで騒動になっている。そして、自身のブログで上手く歌えなかった事を振り返り、「歌い手として、自分的に最低でした。とにかく、悔しいです」などと告白したのだ。

   パワフルな歌声と高い歌唱力でファンを魅了してきた浜崎あゆみさん。しかし、2009年12月15日に日本テレビ系で放送された特別番組「音楽の祭典 ベストアーティスト2009」では少し勝手が違った。声を出すのが苦しそうに見え、音程が安定せず、ノリも今ひとつだった。大ヒット曲「evolution」(エヴォリューション)の場面では、声が出なくなり、カメラに背を向けた。そして、苦笑いの表情を浮かべ「ゴメン!!」と叫んだ。

「何も言い訳はしません。とにかく、悔しいです」

   浜崎さんは「ベストアーティスト2009」のステージについて、翌日の2009年12月16日付けのファンクラブ専用ブログで、

「歌い手として、自分的に最低でした。。。。何も言い訳はしません。とにかく、悔しいです。ごめんなさい。まだまだ勉強が足りないようです。ホント、私、しっかりしなきゃ!!!!!!!」

と書き、ファンに謝った。

   そして、「自分は歌を歌わなければならないし、歌を伝えなければならない。それが自分の存在意義であり、安心して楽しめるステージを創っていけるようにこれからも頑張りたい」としている。

   もっとも、「あゆの声が出なくなっている」とネットで言われ始めたのは1年以上も前からだ。

   ネットでは今回の浜崎さんの件で衝撃が広がっている。Q&Aサイト「ヤフー!知恵袋」には09年12月15日に「最近の浜崎あゆみさんは見ていて痛々しいです。みなさんはどう思いますか?」という質問が出た。

「聞いていてこっちが苦しくなってきました」

   そこには、

「聞いていてこっちが苦しくなってきましたよ 胸がしめつけられそうでした」
「歌にしても体型にしても、努力して改善しようとしてないんじゃないかな?」
「しばらく休んでまた海外で一から徹底的にボイトレするなり何かしら対処しないと」

といった心配する声、厳しい意見が寄せられた。

   「ベストアーティスト2009」をきっかけに、浜崎さんの最近のステージと過去のステージの検証もネットで行われている。例えば、99年に発売された大ヒット曲「Boys & Girls」。09年8月のフジテレビ系「ミュージックフェア」での歌唱と、発売当時の映像を比較。動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされた動画が使われた。「ミュージックフェア」では、声を出すのが苦しそうに見え、しかもあまり出ていない。歌の半分をバックコーラスが歌うという不思議な展開だ。これを見た人達は、「声死んでるな」「昔は歌えてたのに声が出なくなったんだろ」「コーラスがメインを歌ってるワロタ」などと感想を述べている。

   浜崎さんはいったいどうしてしまったのか。耳の難病の影響があるのだろうか。浜崎さんが所属するエイベックスマネジメントに問い合わせているが、返事はまだ来ていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中