鳩山支持率下落止まらず  釈明会見に国民「納得せず」

印刷

   鳩山内閣の支持率下落が止まらない。2009年12月24日開いた記者会見で、偽装献金問題について釈明したが、その後に日本経済新聞とテレビ東京が共同で行った世論調査によると、鳩山内閣の支持率は「支持しない」が前回調査(11月)から18ポイント急落して50%となった。釈明会見に、国民は「納得していない」ようだ。

   世論調査の結果について12月28日付の日本経済新聞は、鳩山首相の「政治とカネ」の問題や「指導力不足」への不満が高まっていると報じている。鳩山首相の偽装献金問題への説明に対しては、75%が「不十分」と回答。「子ども手当ての所得制限なし」や「普天間基地の移設問題の先送り」を「評価しない」との声も過半数を超えた。

下落幅は08年の麻生内閣を超えた

内閣支持率は50%割れ目前 どうする!
内閣支持率は50%割れ目前 どうする!

   日経新聞の調査は12月25~27日に共同で実施。偽装献金問題での釈明後だけに注目された。調査結果によると、鳩山内閣の支持率は50%、一方の不支持率は42%だった。内閣支持率の下落幅としては、麻生太郎内閣(当時)が衆院選を先送りした08年11月の17ポイント下落(31%)したのを上回った。

民主党「支持」も10ポイント下落

   注目されるのは、民主党の支持率が前回調査に比べて10ポイントも下落して46%になり、自民党は4ポイント上昇して23%になったことだ。

   鳩山内閣の支持率は、読売新聞が12月上旬に実施した世論調査では支持率が59%と、11月に比べて4ポイント下落。不支持率は2ポイント上昇して29%だった。同紙の調査結果は「支持」が高いほうで、朝日新聞が21日に報じた世論調査の結果は11月中旬の62%から大きく下落して48%と、内閣発足後初めて50%を割った。しかし、民主党の支持率は4ポイント下落の42%と、それほど下がっていなかった。

   鳩山首相は偽装献金問題をめぐり、実母から12億6000万円の資金提供を受けたことについて贈与税の納税手続きをしたことを、27日に明らかにした。修正ではなく申告して納税したとのことで、納税額は約6億円に上った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中