小沢「陸山会」3億土地購入 異常な資金操作は何だったのか

印刷

   民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が、4億円ほどもの収入を政治資金収支報告書に記載していなかった疑いが報じられている。報道によると、その資金は政治団体を経由して、不動産購入に充てられていた。陸山会側は、金融機関で借り入れたと説明しているようだが、専門家は、裏献金の資金だった可能性もありうる、と指摘している。

   市民団体が2009年11月に「陸山会」を東京地検特捜部に告発したのは、政治資金規正法違反の虚偽記載だった。すなわち、東京・世田谷区の土地を約3億4000万円で購入したのは、04年10月29日だったのに、05年1月7日とウソを書いたということだった。ところが、今度は、そんな形式犯では済まない可能性が出てきている。

5政治団体を1、2日だけ経由

どう説明するのか…
どう説明するのか…

   新聞各紙によると、土地購入の直前に、小沢一郎氏のプール金4億円ほどが、「小沢一郎政経研究会」など5政治団体を1、2日だけ経由して、6~7回に分けて陸山会に流れていた。そして、それが収支報告書に載っていなかったというのだ。もし事実なら、収入そのものを隠した不記載の罪になる。

   小沢氏側は、報道によると、陸山会の定期預金4億円ほどを担保に、金融機関から同額を借り入れたと説明している。しかし、借り入れたとした時期は、土地購入後だったというのだ。

   もし、報道が事実とすれば、小沢氏側は、その時期を考えて、05年1月7日と書いたのだろうか。また、借り入れが事実としても、なぜ預金を解約して購入に充てず、わざわざ金利を損するようなことをしたのか。小沢氏側の説明だけでは、納得できない点が多い。

   政治資金に詳しい日本大学の岩井奉信教授(政治学)は、犯罪でよく使われる手法に似ていると指摘する。それは、資金洗浄、マネー・ローンダリングだ。

「裏金を担保に、銀行から同じ額を借り入れます。それを不動産購入に充てれば、『表金』に変身するというわけですよ。陸山会の場合、政治団体を経由してローンダリングが行われていた可能性があると思います」

「小沢氏本人に捜査が伸びる可能性は低い」

   資金洗浄では、預金口座間を移動したり、不動産に投資したりして、汚れた資金をきれいな資金に見せかける。もし報道が事実なら、預金口座に当たるのが政治団体、不動産が世田谷の土地というわけだ。

   プール金や定期預金について、原資は何だったのだろうか。

   小沢氏側は説明していないようだが、裏献金だったのでは、という報道も出ている。

   ただ、岩井奉信教授は、もしそうだったとしても、小沢氏本人に捜査が伸びる可能性は低いとみる。

「当時は民主党が野党で権限がなく、下請け業者を通じて献金していたともされています。汚職などには問えないでしょうね。せいぜい秘書らの規正法違反止まりではないでしょうか。こうしたことを防ぐには、政治家ではなく、政党だけが資金を触れるように政治改革をしなければ難しいと思います」

   今回の問題について、小沢一郎事務所に取材しようとしたが、何度かけても電話に出ないか留守電だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中