福島、山形、宮城に「歴女」呼ぼう! イケメン武将の紹介サイト誕生

印刷

   歴史好きの女性「歴女」たちの楽しみは、戦国武将ゆかりの地へ足を運ぶことだ。石田三成の生家がある滋賀県長浜にも女性ファンが詰めかけたことも話題になった。そんな中で、今度は、南東北にゆかりある武将たちの史跡を紹介するサイトがオープンした。イケメン武将のイラストたっぷりに紹介されているのもユニークだ。

   サイトの名称は「戦国浪漫 南奥羽戦国期」。福島商工会議所青年部が中心となり、米沢商工会議所と連携して2009年12月19日に開設した。南東北の3県――福島県、山形県、宮城県ゆかりの戦国武将、戦国史跡などが紹介されている。人気イラストレーターの也さんが描くイケメン武将イラストもたっぷりだ。

イラストの伊達政宗、眼光鋭く描かれる

サイト「戦国浪漫 南奥羽戦国期」には200箇所の関連史跡が紹介されている
サイト「戦国浪漫 南奥羽戦国期」には200箇所の関連史跡が紹介されている

   南東北ゆかりの戦国武将といえば、上杉家の謙信を筆頭に景勝や直江兼続、「独眼竜」で知られる伊達政宗らが挙げられる。彼らと敵対した武将は多く、幾度となく戦の舞台にもなっている。そのために、関連する史跡は意外と多い。サイトでは、「政宗の南奥羽戦国史」「上杉の南奥羽戦国史」「関ヶ原後」とそれぞれに分けて紹介されている。また、人物ごとに調べることもできる。

   たとえば伊達政宗。説明を見ると、初陣は15歳の時で、若い頃には福島県を中心に戦を続けていた。18歳の時には「桧原の陣」に、19歳の時には「岩代の陣」に参加したことがわかる。見たい箇所をクリックすると、戦の詳しい説明と関連史跡が表示される。政宗の初陣に関連ある史跡には、枳沢館、柴小屋城、陣林館、冥護山館が写真や地図とともに掲載されていた。

   イラストの伊達政宗は三日月の前立をあしらった兜を締めて、眼光鋭くにらみつけている。深い青色の鎧を身に付け、黒の羽織をかけ、刀の柄に手をかけている。他の武将も同様の作りで、存在感があるイラストはページを引き立ててもいる。

「政宗は福島県や山形県で多くの戦を行っています」

   福島商工会議所青年部の田村陽介さんによると、2009年3月、観光マップ「旅するふくしま戦国まち歩き」が好評だったことが開設の直接のきっかけ。観光マップは配布開始1か月後で、用意した1万部がすべて無くなってしまう人気ぶりだった。前出の也さんが描いた戦国武将のイラストがよかったこともある。なお、今はネットを通じて、ダウンロードすることもできる。

   若い人にも来て貰えるようにと狙った工夫が功を奏したのと、歴女ブームもあってか、市内の寺社には県外ナンバーの観光客が増加し、とりわけ若い女性のグループが目に付くようになったそうだ。そうして、この評判を聞きつけた山形県米沢商工会議所が「南東北で一緒に何か出来ないだろうか」という誘いがあり、情報発信の場として新サイトの開設に至った。

「伊達政宗というと銅像もある仙台のイメージが強いんですが、実は、若い頃の政宗は福島県や山形県で多くの戦を行っています。上杉家もしかり。史跡も多いんですよ。多くの人に福島を知ってもらい、足を運ぶきっかけになれば」

   田村さんはこう期待を寄せている。ただし、サイト内はまだ準備中の箇所も多いため、史跡の写真を増やしてバージョンアップしたい、と意気込んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中