パナソニックはプラズマを核に 3Dを世界市場に浸透させる

印刷

   薄型テレビには液晶パネルとプラズマパネルがあるが、パナソニックは世界で最大規模の生産能力をもつ最新鋭のプラズマパネル工場を兵庫県尼崎市の大阪湾岸に完成させ、2010年1月から本格生産を始める。パナソニックは尼崎市の新工場を拠点に、映像が立体的に見える3次元(3D)テレビを他社に先駆け2010年初頭に商品化する予定で、液晶パネルで3Dテレビを投入予定のソニーやシャープに対抗する。液晶VSプラズマの薄型テレビの戦争は2010年に激化しそうだ。

   プラズマパネルは動きの速い動画や大画像を楽しむには、液晶よりも有利とされる。しかし、液晶パネルの技術革新が進んだ結果、現状では画質にほとんど差がなくなりつつあるようだ。このためか、世界の薄型テレビに占める液晶パネルの比率は約9割と圧倒的で、プラズマパネルは約1割に過ぎない。

米ハリウッドの映画製作会社と3Dソフト制作で提携

   世界の薄型テレビ市場ではシェア1割のプラズマテレビだが、北米や中国の富裕層などには、大画面で高画質のプラズマは高級機種として需要が高まっているという。このプラズマパネル市場で、パナソニックは世界シェアが約48%で首位に立つ。2位のサムスン(約30%)、3位のLG(約21%)の韓国勢を抑え、この分野では業界をリードするトップブランドだ。かつては日立製作所なども独自にプラズマパネルを生産していたが、価格競争などで撤退した経緯がある。

   寡占化が進むプラズマパネル市場に対して、価格低下が進む液晶パネル市場は競争が激しい。首位はサムスンの約27%で、2位以下は韓国のLG(約24%)、台湾の友達光電(約16%)、同じく台湾の奇美電子(約15%)と続き、日本勢はシャープが約6%で5位。パナソニックは約2%で7位にとどまる。

   プラズマパネル工場として世界最大となるパナソニックの新工場は、同社としては国内5カ所目となる。パナソニックの大坪文雄社長は「3Dテレビは当社が一番乗りになる」との意気込みを09年10月末の決算発表の会見で示した。パナソニックは米ハリウッドの映画製作会社と3Dソフトの制作で提携するなど、ハードソフト両面で、プラズマテレビを核に3Dを世界市場に浸透させる戦略だ。

大阪湾岸は「パネルベイ」になる

   国内に目を転じると、大阪湾岸は薄型テレビ用のプラズマパネルと液晶パネルを国内メーカーが生産する一大拠点となりつつある。パナソニックは今回の尼崎市のプラズマ新工場に加え、10年7月には兵庫県姫路市に液晶パネル工場を新設する。09年10月にはシャープが大阪府堺市に最新鋭の液晶パネル工場を新設。三重県亀山市で最新鋭機種を生産する「亀山モデル」を「堺モデル」に転換する方針だ。プラズマ、液晶両パネルの最新鋭生産拠点となった大阪湾岸は「パネルベイ」と呼ばれ、日本国内で高付加価値の製品を生み出す次世代モデルとして、各界から注目されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中