安室&田村極秘米国デート地 アラサー女性人気の「パワースポット」

印刷

   歌手の安室奈美恵さん(32)と、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(36)との7泊9日の米国デートが女性週刊誌に写真入りで報じられ、芸能マスコミは大騒ぎになっている。2人の目的地は、ロサンゼルスやニューヨークといった大都市ではなく、アリゾナ州の州都から200キロも離れた「セドナ」と呼ばれる町だ。「パワースポット」として有名で、アラサー女性にも人気の場所だそうだ。

   2人の交際を報じたのは、首都圏では2010年1月6日発売の「女性セブン」1月21日号。記事によると、09年12月28日に安室さんが成田空港から出国したのに続いて、翌29日に田村さんも出国。

観光客が年に200万~400万人も押し寄せる

   2人はロサンゼルス国際空港で合流し、別のカップルとともに計4人で国内線に乗り換え、アリゾナ州の州都・フェニックスに向かったという。この「安室・田村」のカップルは全く予想外の組み合わせだけに、同日のスポーツ紙やワイドショーも、いっせいに追いかけた。

   ロサンゼルスからフェニックスまでは1時間20分程度かかるのだが、2人の目的地は、そこからさらに200キロ離れた「セドナ」という町だ。フェニックスからセドナまでは、2時間~2時間半ほどシャトルバスかレンタカーで北上する。2人はレンタカーを利用した模様だ。

   セドナはネイティブ・アメリカンの聖地だとされ、遺跡も多く残されている。周辺には「レッド・ロック・カントリー」と呼ばれる赤い岩の山々が広がっている。標高はおよそ1300メートルで、人口は季節によって変動するが、1万400人~1万1300人程度とあまり多くない。それに対して、観光客は年に200万~400万人も押し寄せる。グランド・キャニオンに次ぐ、アリゾナ州第2の観光地としても知られている。

   セドナでは、ハイキング、マウンテンバイクといったアウトドア活動が楽しめるほか、「ボルテックス」と呼ばれる「エネルギーが渦巻く場所」が人気だ。大きく4つのボルテックスが存在するとされ、そのひとつが「カセドラルロック」という場所だ。

「女性的な磁気エネルギーがある山で、心が満たさせる」

   モデルの押切もえさん(30)も、母親と一緒にセドナを訪れた経験があるといい、「アエラ」08年9月1日号の連載の中で、「カセドラルロック」での経験を、こう振り返っている。

「女性的な磁気エネルギーがある山で、感性を高めて、心が満たさせる場所だそうです。約1700メートルを片道1時間半かけて登るのはきついはずなのに、母も私もすいすい登れるし、楽しくて疲れない。これもエネルギーを感じているから?」

   「女性セブン」記事によると、安室&田村はボルテックスの近くにある高級リゾートホテルにチェックインし、滞在時間の多くを部屋の中で過ごしたとみられる。

   地元の商工会議所では、日本語でウェブサイトまで開設し、日本人観光客も多いとみられる。例えば、このニュースを報じたフジテレビのワイドショー「とくダネ!」では、司会の中野美奈子アナウンサー(30)が、

「セドナって、パワースポットとしても有名。アラサーにも人気の場所」

と発言。SNS「ミクシィ」にも、セドナに関するコミュニティーが05年に作られており、すでに登録者数は2500人を突破。防寒着などの服装に関するアドバイスや、日本食が食べられるレストランなどについて情報交換が行われている。それ以外にも、「ものすごく力を感じた」といった体験談や、現地で結婚式を挙げる人の喜びの声も綴られている。

   米国の日系旅行会社では、大都市発のセドナ行きツアーを企画している例も少なくない。例えばHISの場合、ロサンゼルス発の2泊3日で595ドル~645ドル(5万5000円~5万9000円)。比較的お手頃な価格帯なだけに、今回の熱愛報道をきっかけに人気が上昇する可能性もありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中