「ユニクロ」「西友」が「格安靴」 「ジーンズ安売り」の再来か?

印刷

   大手スーパーマーケットが1000円以下のジーンズを相次いで売り出したのに続き、「ユニクロ」と「西友」で1000円前後の靴が登場した。ジーンズのように他社も追随するのだろうか。

   格安靴の先駆けになったのがカジュアル衣料品店、ユニクロだ。カジュアル靴ブランド「ユニクロシューズ」を2009年9月に立ち上げ、12月21日から春夏商品を女性用6型、男性用5型を売り出している。

中国に一括して大量発注して価格抑えた

   ユニクロシューズは安いだけでなく、「品質」「履き心地」「ファッション」を兼ね備えている、とアピールする。

   1990円の「ラウンドバレエシューズ」はエナメル素材風の合皮にキルティングステッチをプラスしたトレンド感のあるデザインだ。ピンクやイエローといった6色を展開する。歩きやすさにも配慮し、中敷きには衝撃を緩和するハート型ジェル素材をつけた。ヒールがあるタイプの「ラウンドプレーンパンプス」も1990円で、白やパープルなど春らしい5色を展開する。

   メンズの「キャンバススニーカー」は5色をラインアップ。つま先部分にベロア素材を使いデザイン性を高めた。ツヤのあるエナメル素材を使った「エナメルローカットシューズ」も3色揃う。価格はいずれも1990円だ。

   西友もプライベートブランド(PB)の「キャンバススニーカー」を09年11月から売り出している。女性用5色、男性用4色で、価格は900円だ。

   同社が以前、PBで売っていたスニーカーは1990円だった。今回、半値以下に抑えられた理由について広報担当者は、「中国に一括して大量発注したため」と明かす。売れ行きは「大変好調だ」という。

業界では「ファストシューズ」とも呼ばれる

   イオンの広報担当者は1000円前後の靴を売る予定について、

「今のところないですが、お客さまの要望があれば、(低価格靴の)品揃えを考えていきたいと思います」

といっている。

   ダイエーは「現時点では販売予定はない」としている。09年に盛り上がった「格安ジーンズ戦争」とは様子がちょっと違うようだ。

   大手靴専門店のマーケティング担当者は、「昔から靴は異業種の参入が難しいと言われている」と明かす。洋服に比べて靴の製造にはコストがかかるといった理由だ。

   ファッション流通ビジネスに詳しい、ディマンド・ワークス社(東京都港区)代表の齊藤孝浩さんは、靴の上部の型をとるのに欠かせない「木型」は数十万円もする上に、サイズ、デザインごとに揃えなければならないと指摘する。

   また、数年前から本革のように見えるクオリティの高い合皮が登場し、靴メーカーは相次いで合皮靴に参入した。価格競争が進み、1000~2000円台の靴は今では珍しくない。靴の企画販売をするヒラキ(神戸市)ではレディースパンプスが1580円、スニーカーは476円だ。安い洋服「ファストファッション」をもじって、業界では「ファストシューズ」とも呼ばれている。

   前出の齊藤さんは、

「価格競争が激しい靴の分野に参入したユニクロは革新的なチャレンジをしていると思います。ただ、餅は餅屋と言いますからね。チャレンジはまだ始まったばかりじゃないでしょうか」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中