「バガボンド」は本当に 年内に終わってしまうのか

印刷

   「週刊モーニング」に連載中の超人気マンガ「バガボンド」が2010年内に終了するというので、ちょっとした騒動になっている。作者の井上雄彦さんが公式サイトで「12周年の『バガボンド』はラストイヤーとなる」などと明かしたからだが、「モーニング」編集部は「何も決まっていない」という。真相はどうなのか。

   「バガボンド」は1998年から連載がスタート。単行本は31巻まで発売され、累計発行部数は5500万部以上と言われる大ヒット漫画だ。主人公は宮本武蔵。原作は吉川英治の「宮本武蔵」。「バガボンド(vagabond)」の意味は「放浪者」。

公式サイトに「ラストイヤーとなるでしょう」

   連載終了の告知は10年1月2日付けで公式サイトに書かれた。ファンに対する年賀の挨拶と、10年のスケジュールや目標などとともにこう宣言した。

「12周年の『バガボンド』はラストイヤーとなるでしょう。・・・・なるはず。する。干支が一回りで(長い!)区切りもいいしね」

「バガボンド」がそろそろ終了するのではないか、という噂は2009年から立っていた。

   「もう(連載の)終わりは近いですね」と井上さん自身が語ったからだ。09年9月放送のNHKドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」でのこと。終わりが近い、という理由は「降りた 殺し合いの螺旋は」という武蔵のセリフ。09年春に書いたもので、全国から手練れが武蔵を殺して名を挙げようと襲ってきた時の心境だ。井上さんにとってこのセリフは凄く大事なもの。使ってしまうと後戻りができない、最終章への入り口になる、ということだった。番組で、

「物語を終わらせるという、強い覚悟があった」

というナレーションが流れた。

「最終章の新たな展開に入るということ」

   井上さんは「バガボンド」のラストは既に決まっているのだという。武蔵は最後の戦いに向け歩き始めている。その先にあるのは佐々木小次郎の存在。

「最後2人の場面で終わるというのは間違いないと思うんで。それが敵としてか何なのかは分からないんですけれど」

と番組のインタビューで話していた。

   それでは本当に年内に終了してしまうのだろうか。「週刊モーニング」編集部に問い合わせてみたところ、「(公式サイトの)書き方は微妙で、最終章の新たな展開に入ることを言いたかったのではないか」と説明した。漫画家の場合、ストーリーが固まれば「今年中に終わってしまうかもしれない」と考えてしまうのは普通にあること。創作物という性格上、最初に考えたスケジュール通りに進むことは希で、

「今のところ連載がいつ終わるかは何も決まっていない状態です」

と編集部では話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中