艶っぽい「小雪さん」動画 「ユーチューブ」で120万回再生

印刷

   女優の小雪さんがハイボールの作り方を教えてくれる――そんな動画が投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、6カ月で120万回以上も再生されるという超人気ぶりだ。実はこれ、サントリーが公式サイトに掲載したウイスキー「角瓶」の動画で、小雪さんが着物姿で登場する第2弾もお目見えした。

   「角瓶」のテレビCMは、小雪さんがお笑いコンビ「おぎやはぎ」が演じる「お客」にハイボールを作ってあげるという設定だ。一方、動画では小雪さんがハイボールの作り方を実演し、1対1で教えてくれているかのように仕上がっている。

着物姿の小雪さんが教えてくれる第2弾も登場

着物姿の小雪さんが教えてくれる「角瓶」の動画
着物姿の小雪さんが教えてくれる「角瓶」の動画

   小雪さんはグラスいっぱいに氷を入れて、

「ウイスキー1に対して、ソーダは3。
でも濃さはお好みで」

と、慣れた手つきでハイボールをつくっていく。

「最後にマドラーを縦に1回。
混ぜすぎてはダメ、炭酸が抜けてしまうから」

こう艶っぽく語りかける。

   投稿サイト「ユーチューブ」に2009年7月にアップされると話題になり、2010年1月の時点で120万回以上も再生されている。サントリーの広報担当者は、

「ある程度の手応えは感じていましたが、予想を超える反響がありました」

と驚いている。

   09年末には着物姿の小雪さんがハイボールの作り方を教えてくれる第2弾も登場した。

   販売にも一役買っている。ウイスキーになじみのなかった20~30歳代を取り込んで、09年の「角瓶」の売上げは対前年131%と大幅に伸びた。2010年は前年比119%の270万ケース(1ケースは700ミリリットル×12本)を売る計画だ。

より身近に感じることができて、共感を呼んだ

   こうした動画は「バイラルムービー」と呼ばれている。バイラルは「ウイルス」の意味で、口コミで広がっていく手法をバイラルマーケティングという。

   バイラルマーケティングの先駆者で、TBWA HAKUHODOのシニアクリエイティブディレクター、藤崎実さんは、

「おもしろいもの、楽しいものがあったらネットで流す『共有化』の時代において、バイラルムービーはとても有効な手段だと思います。作り手の側から言っても、テレビCMは秒数などの制限があるので形式的なものになりがちですが、動画は自由に表現でき、消費者の深い部分に訴えられます」

と話している。

   またテレビと違って、パソコンは1人で見ることが多い。その点からもサントリー「角瓶」のムービーは小雪さんをより身近に感じることができて、共感を呼んだのではないか、と藤崎さんはみている。

   口コミマーケティングの業界団体「WOMマーケティング協議会」で理事を務める細川一成さんは、

「情報を一方通行で流すテレビCMよりも、消費者はバイラルムービーのほうが自分も関わっているという意識が生まれるため、商品の購買につながりやすいと思います」

といっている。

   バイラルムービーにもいろいろなタイプがあるようだ。

   俳優の佐藤健さんと佐々木希さんがコミカルなダンスを踊るCMで話題になったロッテのガム「フィッツ」では、オリジナルのダンス動画を「ユーチューブ」に投稿し、グランプリになったら100万円の賞金がもらえるというキャンペーンを09年9~11月に行った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中