法的整理の日航再建 支援機構と銀行団に深い溝

印刷

   日本航空の再建問題は、官民ファンドの企業再生支援機構による監督の下、会社更生法の適用による法的整理で抜本解決を目指すことになった。政府は2010年1月12日、前原誠司国土交通相がメガバンクの首脳に、日航に会社更生法を適用する方針を伝え、正式に協力を要請した。

   債権者と日航との協議に基づく私的整理を主張してきたメガバンクの主張は受け入れられず、銀行団は追加の損失計上を迫られる可能性がある。銀行団は法的整理をしぶしぶ容認したものの、感情的な反発は根強い。支援機構はメガバンクとの間に深い溝を残したまま、日航再建に取り組むことになる。

「反対しても無駄」とメガバンク

再建めぐり、支援機構とメガバンクの溝は深い
再建めぐり、支援機構とメガバンクの溝は深い

   政府が、企業再生支援機構が主張した法的整理を支持し、日航は19日にも会社更生法の適用を東京地裁に申請する。これを受け、法的整理に反発してきたみずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のメガバンクも「政府の意向が決まった以上、反対しても無駄」(首脳)と、消極的ながら「容認」に転じた。

   支援機構は株主責任を厳格に問うため、上場廃止(100%減資)にする案を主張し続けた。法的整理となれば、債権放棄はもちろん、メガバンクが保有する優先株も普通株とともに「紙くず」になり、日航に投融資している銀行団の負担は一層重くなる。「他行に比べて日航向け債権の引当てが進んでいない」(市場関係者)とされるみずほの場合、10年3月期に数十~数百億円規模の損失計上を迫られる可能性も否定できない。

   半面、日航が自主再建を果たせなかったのは、つなぎ融資や増資による延命策を受けながら、抜本的なリストラに踏み切れなかったためだ。再建を主導できなかったメガバンクの責任も重く、「政権交代を機にこれまでの手法を一新し、利害関係者に痛みを感じてもらうのは仕方がない」(支援機構の関係者)との説明も説得力がある。

1か月間に二転三転 不信募る銀行団

   それでもメガバンクには、「日航の経営がここまで悪化したのは、政府・与党が利権確保のため、不採算の地方空港を乱立させ、不採算路線を飛ばし、負担を日航に負わせたため。法的整理では、あまりにも銀行の責任が重すぎる」(幹部)との思いが強い。

   加えて、関係者と再建について事前に調整する「プレパッケージ(事前調整)型」の法的整理といいながら、支援機構の方針決定から法的整理に踏み切るまで、実質的に1か月足らずしかなかったことへの不安もある。

   とくに倒産法制が異なる外国では、燃料取引が停滞したり、最悪の場合は債権者から機体を差し押さえられるなど不測のの事態も生じかねない。支援機構は銀行団や日航に対し、法的整理の移行時の対策を説明しているが、メガバンクは「想定すべきリスクを網羅しておらず、準備不足も甚だしい」(幹部)と批判している

   また、日本政策投資銀行のつなぎ資金を2000億円に増額することで法的整理の回避をほのめかすなど、「この1か月だけでも、方針が二転三転して、振り回されただけ」(メガバンク幹部)と、政府への不信感も募っているようだ。

   支援機構は法的整理に踏み切った場合、融資や保証などで銀行団を全面的に支援する方針だが、もともと中小企業の経営支援向けに発足した組織だけに心許ない。支援機構に航空キャリア経営の専門家はいないし、現時点の更生計画は不採算路線からの撤退や人員削減などのリストラ策が中心で、具体的な将来像は描けていない。

   日航再生には支援機構と銀行団との密接な連携が不可欠だが、しこりを残したままのスタートは、先行きに暗い影を落としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中