北澤発言でまたまた露呈 鳩山政権の閣内不一致

印刷

   普天間基地の移設先をめぐり「閣内不一致」が目立った鳩山内閣で、またもや足並みの乱れが露呈した。武器輸出3原則の見直しを公言した北澤俊美防衛相に対して、鳩山由紀夫首相が「口が軽すぎた」と批判したのだ。政権発足から100日以上が経過しても、あいかわらず閣僚が好き勝手なことを言っている。

「多少、口が軽すぎたかなと思う」

   北澤防衛相は2010年1月12日、東京都内で開かれた防衛関連の業界団体の会合で、

「我が国には武器輸出の3原則がある。三木内閣のときに大きな縛りをかけ、その後は個別の案件について特例を設けながらやってきたが、そろそろこういう基本的な考え方を見直すこともあってしかるべきと思っている」

と発言。武器輸出3原則を見直すべきだという考えを明らかにした。

   ところが、社民党の福島瑞穂党首は「3原則の見直しは認められない」と北澤防衛相を批判。鳩山首相も

「日本が世界に向けて、平和国家としての宣言をしている。その1つが武器輸出3原則を守るということだ。いまこの状況のなかで、武器輸出3原則というものはやはり堅持をすべきもの」

と北澤防衛相とは異なる見解を表明し、「多少、口が軽すぎたかなと思う」と非難した。

   北澤防衛相は09年12月、米軍再編問題にからんでグアムを視察したとき「日米合意から大きく外れる」と発言。普天間基地の移設候補としてふさわしくないとの考えを示したが、グアムは社民党が国外の移設先としてあげているほか、鳩山首相の念頭にもあったとされる場所だ。

   そのため、平野博文官房長官から「軽率な発言」と注意される事態を招いたが、今回はそれと似たようなケースだ。

菅財務相の「円安発言」に首相が不快感

   閣僚の軽率な発言に鳩山首相が不快感を示した例といえば、菅直人財務相の「円安誘導発言」も記憶に新しい。藤井裕久前財務相のあとを継いだ菅氏は10年1月7日の就任会見で、為替相場について、

「もう少し、円安の方向に進めばよいと思う」

と発言。相場が一気に円安にふれるという混乱を招いた。これに対して、鳩山首相は「政府としては基本的に為替に関しては言及すべきではないと思う」と苦言を呈した。それを受け、菅財務相は

「従来よりも重い立場にあるという自覚が必要だなと、改めて思った」

と釈明したが、内閣が一枚岩でないことを再認識させた。

   閣内不一致といえば、キャスティングボートを握る国民新党の亀井静香代表の「異論」も目立つ。郵政再編をめぐっては、「3社方式」を志向する原口一博総務相の見解に対して、「俺は聞いていない」と反発。政府・民主党が法案提出の準備を進める永住外国人の地方参政権についても、「俺は反対だ」と反旗を翻している。

   閣僚によって意見が異なるのは自然だが、重要な政策について首相と異なる意見を公言するのは、鳩山首相の指導力不足を際立たせることになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中