米映画「アバター」大ヒット 「3Dうつ」本当にいるのか

印刷

   上映中の米SF映画「アバター」が、迫力ある3D映像を売りに大ヒットしている。米CNNが、映画から離れる不安に「うつ状態」になるファンが出ていると報じているほどだ。話題の3D映画、日本での反応は――。

「革命です。映画歴史に残る'モンスター'です 3Dだと まるで8次元です!」
「雪のシーンなんかはほんとに触れそうなぐらい映画館全体にふりそそいでました。このすごさだけは体感してみないと分からない…」

美しい世界から離れることで「うつ」に?

アバターの1シーン(20世紀フォックス映画配給) (C)2009 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
アバターの1シーン(20世紀フォックス映画配給) (C)2009 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

   2000人近くが参加するミクシィのコミュニティ「アバター"AVATAR"(映画)」には、こんな感想が続々と書き込まれている。

   アバターとは、ジェームズ・キャメロン監督があの「タイタニック」から12年ぶりに世に問う話題作だ。2009年12月18日に全米公開されて大ヒットし、興行収入がタイタニックに次ぐ歴代2位に躍り出ている。日本でも12月23日に公開され、2010年1月13日に興収が50億円を突破した。タイタニックとほぼ同じペースだという。

   映画のストーリーは、人類が美しい星で先住民と人間のDNAを組み合わせたアバターを作ろうとするが、主人公がこの計画に疑問を持ったことから壮絶な戦いに巻き込まれていくというもの。3次元空間を再現する3D映像で作られており、映画館では、専用メガネで楽しむことになる。

   映像はとてもリアルだといい、米CNNが12日に報じたところによると、その美しい世界から離れることの不安感からファンサイトで「うつ状態」を告白するアメリカ人もいる。これには1000件超ものコメントが付いているという。さらに、「自殺を考えた」というファンも出ているというのだ。

   日本でも、ファンから同様な告白が出ているのか。映画「アバター」関係者の話。

「細かくネット上を探せばあるかもしれませんが、そこまで行き過ぎた人はいないようですね。海外には、極端な人がいるのでしょう。日本では、アニメ・ゲームの文化が根付いているので、そんなことがないのでは」

「慣れないので違和感のある人もいる」

   ミクシィのコミュニティを見ても、「うつ状態」などの書き込みは、すぐには見当たらない。2ちゃんねるでは、CNNの報道内容について、「映画の宣伝では」といううがった見方も出ている。うつ状態から抜け出す方法として「アバターのゲームをする」などのコメントを紹介していたことなどからだ。

   ただ、ロイターが2010年1月11日報じたところでは、3D映像はその新しい知覚経験が脳に負担となり、頭痛が起きやすいリスクがあるとアメリカの眼科専門家が指摘しているという。うつ状態は「3D頭痛」の可能性も考えられるが、最新技術では解決済みともされており、真相は不明だ。

   2010年は「3D元年」と言われるほど、世界中で3D技術が引っ張りだこになっている。アメリカでは、3D番組を作るテレビもあり、オリンピックやサッカーW杯も3D撮影されるという。日本でも、内外の3D映画が相次いで公開されており、ソニーやパナソニックも3Dテレビを発売する予定だ。

   とはいえ、まだ普及に向けて課題もあるようだ。

   映画「アバター」について、ミクシィのコミュニティでは、3Dへの違和感も相次いで書き込まれている。

   「激しい戦闘シーンではチラツキが目立ち3Dが崩壊気味」「字幕が見にくい」「前方の席の方がさらに迫力がありそう」といったものだ。3Dメガネについても、「画面が暗く見える」「重いし顔にフィットしなくて」といった苦情も出ている。

   こうした指摘について、前出のアバター関係者は、「3D頭痛は、聞いたことがありませんが、慣れないので違和感のある人もいるのでしょう。3Dメガネは、フリーサイズで配っているので、個人差に合わせる改善点はあると思います。映画館での席については、むしろ真ん中の方がおすすめですね」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中