「1台100万」目指すトヨタとホンダ これで「タタ」に対抗できるのか

印刷

   インドのニューデリーで2010年1月5日から11日まで開かれたモーターショー「第10回オート・エキスポ」がトヨタ自動車、ホンダなど日本メーカーを巻き込み、大きな話題となった。インドの自動車市場は、スズキの現地法人「マルチ・スズキ・インディア」がシェア5割を占めているが、今後の成長を見越して日本メーカーはじめ、独フォルクスワーゲン(VW)、米GMなど世界の大手メーカーが大挙してインド向けの低価格戦略車を出品したからだ。

   09年秋の東京モーターショーへの出品を海外の主要メーカーが見送ったのとは対照的な賑わいだった。しかし、日本車の低価格競争には一抹の不安もある。

アジアでは中国、日本に次ぐ巨大市場

「インドの自動車産業と市場は国際的にとても重要になった。誰もインドを無視することなどできない」

   インドの大手自動車メーカーの首脳は、今回のモーターショーについて、自信たっぷりにこう語った。

   首脳は「今回のモーターショーには世界の主要メーカーのすべてが出品した。米国のデトロイトモーターショーは、いずれデリーショーを追いかけることになるだろう。各メーカーとも参考出品車をインドで発表し、新型車を投入している」と胸を張った。

   現地の主催者によると、ニューデリーのモーターショーは1986年に始まり、96年以降は隔年開催になったが、これまで国際的にはほとんど注目されなかった。唯一、前回08年のモーターショーでインドの自動車メーカー、タタが日本円換算で20万円台の超低価格車「ナノ」を発表した時が、例外的に注目されたくらいだった。しかし、この「ナノ」が世界の自動車メーカーに大きなインパクトを与えることになる。超低価格の「ナノ」が登場し、インドのモータリゼーションに火がつかなければ、トヨタもホンダもVWも、低価格のインド向け戦略車を投入することはなかっただろう。

   インドの新車販売は09年に約208万台に達したとみられ、アジアでは約1300万台の中国、約460万台の日本に次ぐ巨大市場となった。二輪車から四輪車に乗り換える中間所得層の増加とともに、年間2ケタ成長が期待されている。

部品を日本のヴィッツに比べて1割以上減らす

   トヨタはインドにおけるシェアが現在約3%だが、10年代後半に約10%に伸ばす戦略だ。今回、トヨタは1.2リッターと1.5リッターの小型車「エティオス」を世界で初めて発表。2010年末から現地で生産を開始するという。構成部品を日本のヴィッツに比べて1割以上減らして簡略化し、部品の現地調達率を高めることで、100万円を切る低価格を実現するという。

   ホンダは現地生産に向けて開発中の小型参考出品車を発表。ホンダはコスト削減のため、材料の鉄鋼を日本製ではなく、インドのタタ製鉄など現地メーカーから調達することも表明し、「100万円を下回る価格」を目指す。

   このほか、先行するスズキは多目的車、GMは約67万円の小型車、VWもライバルとなる小型車を発表した。これらの小型車はインド、中国など新興国向けの低価格戦略車で、そのまま日本でも売られるわけではない。しかし、日本大手メーカーのエンジニアの間では「新興国をターゲットに小型車を開発するとなると、タタに対抗せざるを得なくなる。伊フィアットのようにエンジンを4気筒から2気筒に格下げして部品を減らすなど、簡略化の弊害が日本でも出てこないとは限らない」など、品質面の影響を懸念する声もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中