ツイッターで「交際」告白 「出会い系」になる危険ないか

印刷

   ツイッター利用者の女性というネットユーザーが、そこで知り合った人と交際していると告白して、関心を集めている。作り話の可能性もあるが、ネット上ではツイッターを通じての出会い話も徐々に出てきているようだ。出会い系サイトになる可能性はあるのか。

このネットユーザーが告白したのは、はてな匿名ダイアリーの2010年1月14日付日記だ。「女性」は、09年9月16日にツイッターを始めたといい、10月10日には、初めて「彼」にツイッターの「つぶやき」で返事をした。

140字の文字制限で「奥ゆかしさ」

ブログでツイッター交際を告白
ブログでツイッター交際を告白

   すると、彼とは同じ地元つながりがあることが分かった。意気投合した2人は2日後には、本人同士しか見られないツイッターの「ダイレクトメッセージ(DM)」でやり取りを始めた。仕事の話が中心で師匠と思っていたというが、彼からは「ちゃん」付けで呼ばれるように。女性も、通勤時の車の中でもそのことを考えるようになり、ネット上のチャットも2、3時間にわたって弾んだ。そして、ついに会う約束まで取り付けたというのだ。

   09年12月30日に焼肉店で初対面を果たすと、お互いに惹かれて3日後には付き合うことにした。

   この女性は、交際2週間弱で「彼のことを大事に大事に思っている」「彼のイメージはあったかい家」だとブログで明かす。2人の恋愛が育つうえで、140字というツイッターの文字制限は、奥ゆかしさやもどかしさを保つうえで、大きく作用していたのではないかと書き込んでいる。

   このブログエントリーは、ネット上で関心を集め、はてなブックマークが300以上も付いている。そのコメントには、ツイッターについて、「源氏物語のころの短歌のようなものか」「出会いがあるんだ!」というものから、「あえて言い出さないだけで、ネット発カップルはいっぱいいると思うよ」との指摘もあった。

下心を持っている人が多い?

   ツイッターについては、ブログなどで、男女の出会い話が時々話題になっている。

   はてな匿名ダイアリーでは、2009年10月20日に、「ツイッターで出逢った人を好きになってしまった」との告白があった。ツイッターを通じたオフ会で知り合ったといい、交際を申し込みたい悩みを打ち明けている。

   また、前出の「女性」ユーザーのブログを受けて、別の匿名ダイアリーでは、2年前にツイッターのオフ会で知り合った相手と交際を続けている、と明かしている。このユーザーは、相手のつぶやきから情報収集して性格が合いそうと分かったと、ツイッターの利点を挙げる。また、相手の状況も把握しやすかったという。

   ただ、それが相手を束縛しようとしたりするマイナス面につながることも指摘している。

   一方、ツイッターで下心を持っている人が多いとする匿名ダイアリーのブログもある。10年1月13日付日記では、「飲んだ後に『ホテル(だとか、俺の家)に行こうよ』と強引に誘われるという展開もあった」と書き込んだ。会ったこともないのに、「好きだ」「付き合ってください」と言う人もいたという。

   ツイッターには、出会い目的の書き込みもあるのか。

   試しに、これらの言葉で検索してみたが、そう分かるものはすぐには見つからなかった。

   ツイッターでは、キーワードの前に「#」をつけて特定のトピックをつぶやくハッシュタグの機能がある。現時点で日本語対応でないため、「#deai」で検索すると、「熟女」「SM」といった出会い提供の案内があった。

   これは別のサイトに誘導するもので、直接出会いを求めたりしているものではない。しかし、出会い系サイト規制法が施行され、ミクシィが「出会い」コミュニティを大量に削除する事態にもなっているだけに、今後ツイッターがどうなるか注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中