デルやHP、アップルも参入 「タブレットPC」革命到来?

印刷

   デルやヒューレット・パッカード(HP)など、パソコン(PC)メーカー各社が相次いで「タブレットPC」という新種のモバイル機器を発表している。薄型タッチディスプレイを搭載し、ワイヤレスでネット接続できる機器で「スマートフォンとノートPCの中間的存在」だという。2010年1月中にアップルも参入を発表するという報道もあり、今後一気に普及する可能性がある。

   米ネバダ州ラスベガスで1月7日から10日にかけ、世界最大級の家電見本市「CES 2010」が開催された。そこで今回、電子書籍リーダーや3Dテレビと並んで注目を集めたのが、「タブレット」というタッチディスプレイ搭載のモバイルネット機器だ。

「ネット接続に主眼置いた、新しいモバイル機器」

   まず先陣を切ったのがHP。開催前日の6日、米マイクロソフトのパルマ―CEOによって、同社の「ウィンドウズ7」を搭載したHP社製のタブレットPCが発表された。10年後半にも発売される予定だという。ディスプレイは約26センチで、具体的なスペックは発表されなかったものの、インターネット接続の他、電子書籍にも対応すると見られている。

   またデルも翌7日、グーグル製のOS「アンドロイド」を搭載したタブレットPCを発表している。こちらのディスプレイは約13センチで、アップルの「iPhone」を若干大きくしたような印象だ。ツイッターやフェイスブックなどのアプリに対応し、年内にも発売される見通しだという。 

   PC雑誌編集者は、タブレットPCに関し、

「09年秋に、タッチ機能を標準装備したウィンドウズ7が発売されてから、いずれ各社が出してくるだろうと見られていました」

と語る。ネットブックの重量1.1キロに対し、タブレットPCは500グラム程度。ユーザーにとってはスマートフォンとノートPCの中間的存在だという。

「スマートフォンはあくまで携帯電話で、通話することを前提としていますが、タブレットPCはインターネット接続に主眼を置いた全く新しいジャンルです。09年秋にシャープが『ネットウォーカー』という、これと似たような機器を発売して、売れているようですので、タブレットPCの需要も大きいと思います」

   タブレットPCを発表したほとんどの企業がまだ価格を明らかにしていないが、ロイターの記事中では、米国のアナリストが平均価格700ドルになると推測している。

アスキー総研遠藤所長「アップル製タブレット、6~7万円では?」

   各社がタブレットPCを発表する中、注目を集めているのがアップルだ。ウォールストリートジャーナルを始めとした海外メディアによると、27日に開催される同社のイベントでタブレットPC「iSlate(仮称)」が発表される予定だという。

   正式発表はまだないものの、ネット上には様々な憶測が飛び交っている。台湾企業製のタッチディスプレイを搭載し、サイズは18~26センチ。OSはiPhone用OSの強化版で、電子書籍機能のほか、3D映像機能も搭載するという噂もある。肝心の価格も800~1500ドル(約7~13万円)とまちまちだ。

   アップル製のタブレットPCについて、アスキー総合研究所の遠藤諭所長は、

「まだ発表されていないので何とも言えませんが、ボタンが少ない分、構造的に簡素になるので、価格も意外と安くなると見ています。iPhoneも海外で契約なしだと6~7万円なので、同じくらいではないのでしょうか」

と語る。イメージとしては「iPhoneの大きいバージョン」で、「ノートPCとスマートフォンの中間ではなく、PC臭さのない全然iPhone的なものだと思います。簡単に使えるお茶の間PCとして受けるのでは」と推測する。

「他社も色々出していますが、ファイルの概念が残っていたりと、まだまだ複雑。モバイルで気軽に使えるということが重要なのですから、シンプルなアップル製品が支持されるのではないでしょうか。これは売れるのではないかと見ています」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中