トヨタ・レクサス中国で完敗 現地化に立ち遅れたツケ

印刷

   2009年にトヨタのレクサスは中国で3万3000台を販売し、08年の3万2150台を上回った。「3万台死守」という目標は一応達成したが、アウディの15万台、メルセデス・ベンツの10万台、BMWの8万台にはるかに及ばず、高級車部門では「完敗」といってもいい。

   年間の新車販売が1364万台になり、世界一に躍進した中国では、トヨタは負けに負けている。09年は70万9000台の販売で、前年比は21%増。数字だけ見ると好調に見えるが、日産39%増(75万6000台)マツダの41%増(18万台)といった具合で、中国では負け組に入る。欧米メーカーの伸び率も極めて高い。ちなみにホンダは23%増(57万6000台)にとどまった。

大規模リコールに消費者もいぶかる

   とりわけ期待されたレクサスの不振が目立つ。現地化が遅れていることもあって、2010年に「負け組み」から卒業する可能性ははあまり見えてこない。

   2010年に中国で販売される車は、ほぼ1500万台とされている。高級車はその中でどのぐらいの比率になるか、専門家の意見はそれぞれ違うが、仮に3%と計算すると、45万台で、5%では75万台にもなる。

   では、レクサスの目標は、とメディアから繰り返して質問されても、レクサス(中国)は、具体的な数字をついに口にしなかった。

   これと対照的にベンツとBMWは、中国のマスコミの前で豪語するのが当たり前で、世界的な不況も押しのけ、ベンツとBMWはそれぞれ10万台以上を目指している。09年と同様、アウディもまだまだのばせる、と自信満々だ。

   自動車企業を取材する機会が多い記者の寇建東は、

「2009年12月30日に、トヨタ(中国)は、エンジンから油が漏れる可能性のある4万3023台の車をリコールすると発表した。レクサスのES350とRX350が含まれており、台数もそれぞれ2万7929台と5113台に上る。品質で売るレクサスがこのような大規模のリコールをするものか、と消費者はたいへんいぶかっている」

とレクサスが現在置かれている苦境を明かす。

ベンツ、アウディ、BMWは中国で現地生産

   中国の街角で見るベンツもアウディも、車の後部には「奔馳」(ベンツ)、「奥迪」(アウディ)という漢字が書かれている。どちらも国産化しているからだ。レクサスには一切そのような中国語表記はない。純輸入車だからで、ベンツもアウディも輸入車の場合は漢字はついていない。

   「レクサスも中国で3万台売れたら、現地生産を考える」。トヨタ(中国)でレクサスを担当する曾林堂副総経理は三年前にこう言った。

   その後、「実は、単一車種の実売台数が3万台になったらと思った」と2009年、曾副総経理は弁解した。

   ベンツ、アウディ、BMWなど高級車は次々中国での現地生産を踏み切ったのに、トヨタはまだ決断していない。レクサスだけでなく、ホンダのアキュラも同じである。  2010年もレクサスは中国で不発が続きそうである。

(J―CAST北京)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中