「もやし」値上がりの可能性 原料高騰に生産者が悲鳴

印刷

   スーパーでは通常1袋30円台で売られ、特売時にはタダ同然で投げ売り。節約には欠かせない「もやし」が値上がりするかもしれない。原料となる「緑豆」の輸入価格が高騰しているからだ。

   緑豆は9割が中国からの輸入で、2009年秋に収穫された緑豆は08年産より約6~7割も上昇している。主産地の中国吉林省や内蒙古自治区などが干ばつに見舞われ、生育期となる夏場の雨量が極端に少なくなり、収穫が大きく落ち込んだ。07年も不作だったが09年はそれを上回る不作だといい、輸入価格が過去最高値を記録している。

「企業努力は限界を超え、健全な経営が難しい」

特売時にはタダ同然で投げ売りされる
特売時にはタダ同然で投げ売りされる

   中国ではここ数年、トウモロコシなど高収入の作物に転作が進み、緑豆の作付面積が減少傾向にある。中国国内で、もやし工場が稼働し始めて国内需要が増えているほか、インドでも需要が伸びている。緑豆の価格高騰の要因はこんなところにもある。

   一方、もやしはスーパーマーケットで「目玉商品」として投げ売りされることも多く、不況下で主婦の強い味方だ。

   生産者団体、全日本豆萌工業組合連合会は、

「デフレがモヤシの低価格化に拍車をかけて、納入原価を割り込んでまで安く売られる傾向が強くなっています。モヤシ生産業者は経費削減の企業努力は限界を超え、健全な経営が難しい状況です」

と訴え、流通各社と業界団体に対し文書を送っている。

   大手もやしメーカーの担当者も、

「緑豆の値段が上がっているのは、収穫量が少なかったという単純な理由ではないので、2010年以降に極端に下がるとは思えません。販売価格を据え置いても1年は企業努力で我慢できますが、それ以降は間違いなく厳しくなります」

といい、流通各社に価格の是正を求めている。

中小規模の生産者は廃業するしかない?

   もやしは原価構成比率の中で原料が占める割合が低く、200gあたり30円台で売られても利益が出ていたが、緑豆が08年より6割も値上がりした今、赤字になるのが目に見えている。

   とはいえ、安さが売りのもやしを値上げしたら、売れなくなるという心配もある。

   前出の大手メーカーの担当者は、

「値上げしたいのはやまやまですが、いろんな商品が下がっているなか、もやしだけが値上げされれば消費者が『割高感』を持ってしまい、売れなくなります」

と不安を隠せない。

   イトーヨーカ堂では200gあたり39円で売っている。値上げの予定について聞くと広報担当者は、

「当社の企業努力により、現状価格を維持していきます」

と答えた。

   体力のある大手はまだしも中小の生産者は廃業するしかない、とも業界ではささやかれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中