「女性スーツ」も安売り開始 「イオン」「西友」1万円以下

印刷

   紳士用ではもう珍しくない「1万円スーツ」が、今度は女性用のフォーマルスーツにも登場した。ジャケットにスカートやワンピースなどがついて1万円を切る設定で、紳士用よりも「お得感」がありバリエーションも豊富だ。

   イオンは子どもの卒業式、入学式といったセレモニーに着られるフォーマルスーツを2009年1月21日から売り出している。価格は9800円と5800円の2タイプを展開する。

春のスーツも白、紺といったモノトーン

イオンの9800円セット。34型揃う
イオンの9800円セット。34型揃う

   9800円のタイプはジャケットに、スカート、ワンピース、パンツ、ブラウスなどが付いた3点セットで、計34型が揃う。

   従来は春のスーツは淡いピンクやグリーンが定番だったが、「今しか着られないのはもったいない」というお客の声を反映し、黒、白、紺といったモノトーンでの展開だ。その分、素材やデザインにバリエーションを持たせた。

   上質な印象のツイード生地を使ったジャケットに、シャリ感のあるスカートを合わせたスーツには、トレンドのリボンベルトを合わせている(写真左)。このセットにはツイードのワンピースも付いているので、上下を合わせることも可能。ドット柄のワンピースにニットのようなソフトな着心地のノーカラーのジャケットを合わせたセットや、すっきりしたシルエットにサテンが華やかさをプラスするスーツ(写真右)など、いろんなバリエーションがある。ジャケットに手持ちのジーンズを合わせたりして、いろんなシーンで使えるのも特徴で、「お得感」に加えて「実用性」を出した。

   さらに安い5800円のセットは6型を展開する。このうち3型はプライベートブランド「トップバリュ」で、ベーシックなテーラージャケットにスカートとパンツの3点が含まれる。セレモニーに限らず、仕事着やリクルートスーツとして幅広い女性に好評だ。販売目標は9800円、5800円のセットを合わせて、09年よりも10%多い45万着(着数ベース)。

家族3人分を買っても2万円以下

アクセサリーもついて7500円。西友
アクセサリーもついて7500円。西友

   一方、西友は2010年 1 月26 日、PBブランド「STYLE ON」から3点セットのフォーマルスーツを7500 円で売り出す。

   ジャケット、スカート、ワンピースの3点が付いている。ラメ入りの生地を使用したジャケットとスカートにプレーンなワンピースがセットになったものと、光沢感のある生地を使用したジャケットとスカートにリボン付きワンピースがセットになった2タイプがある。いずれもパール調ネックレスとフラワーモチーフのコサージュ付きだ。

   低価格衣料に力を入れている同社だが、ここまで安いフォーマルスーツは初めてで、広報担当者は、

「当初は2000円高く設定していたんですが、低価格化の流れのなか、思い切って安くしました」

と明かす。

   また子ども用の4点セットスーツを5500円で、紳士用のセットアップスーツは5000円で販売している。家族3人分を買っても2万円以下で収まる設定だ。

   冠婚葬祭から就活、通勤にも使える4点セットを1月22日からカタログで発売しているのは、イマージュネット。しかも丸ごと洗濯機で洗える仕様だ。ジャケットにパンツ、スカート2型のセットと、ジャケットにワンピース、パンツ、スカートのセットを展開する。

   09年11月からネットで先行販売したところ、「予想の2~3倍売れた」。2010年5~6月にかけて、夏用の3点セットを発売する予定だ。価格は7000~8000円を想定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中