人気声優「たかはし智秋」 ブログで「グラビア引退します」

印刷

   人気声優の「たかはし智秋」さん(32)がブログで、セクシーグラビアからの引退を宣言した。声優では水樹奈々さん、平野綾さんらがグラビア出演しているが、挑発する水着やポーズで「本職のグラビアモデル」さながらの活躍をした声優は、たかはしさんが初めてだった。人気が高かっただけにグラビア業界から引退を惜しむ声が上がっているが、今後は声優の仕事に専心していくのだという。

   たかはしさんはアニメ「ヤッターマン」のオモッチャマ役や、ゲーム「THE IDOLM」の三浦あずさ役などで知られる。「激白!グラビア引退宣言!!」というブログを2010年1月24日付けで掲載し、2月と3月に写真集とDVDが発売されるのを最後に、グラビアから引退する、と書いている。07年からグラビアの仕事を始めたが、きっかけは10年3月号で休刊になる老舗グラビア雑誌「sabra」の誘いだった。

「プロのグラビアアイドル達の領域を侵してしまう」

   ブログにはこんな事が書かれている。

「グラビアに全力投球でぶつかってきました。でも、私はグラビアアイドルではありません」「大きく私の写真を載せていただくことが日常茶飯事になってしまっては、プロのグラビアアイドルの皆様の領域を侵してしまうことになる」

   グラビアモデルになろうとしたのは、グラビアアイドル達がアニメや映画吹き替えにチャレンジすることが増えているのを見て「その逆もアリ!」と発想したこと。雑誌のグラビアを飾ることで自分に興味を持った人達が、声優として出演している作品も見たい、と思ってもらいたいということ。

   「sabra」登場後すぐに、たかはしさんは異色の声優として注目され、グラビアのオファーが殺到しただけでなく、本職の声優の仕事も増えていった。

   グラビアを引退するのは当初の目的だった自分のアピールに一定の成果が出たこと。また、グラビアアイドルはグラビアの道を極めようとしているわけだが、自分はプロの声優だから、「声優道」を極めなければならない、という思いに至ったと説明している。

声優がセクシーグラビアで認められたのは初めて

   たかはしさんをグラビアの世界に引き入れた「sabra」編集部では、

「もともと声優さんとしては異質な存在だった。自分を様々な分野で発表したい、という意気込みがあり、アイドル声優としてではなく、グラビアらしいグラビアで勝負することになった」

と話す。07年に掲載して直後から相当な反響を呼び、「sabra」では継続して起用することを決めた。また、写真週刊誌など他の雑誌にも登場、グラビアモデルとして売れっ子になって行く。声優でグラビアや写真集を出す人は多いが、本格的なセクシーグラビアはたかはしさんが最初だった。

   引退宣言について「sabra」編集部では、

「もったいないと思う。引き留めようとしても本人の決意は固く、2月に発売する写真集を最後にと、前から決めていたようだ。写真集では『やるからには全てを出す』という意気込みで取り組んでいた」

と打ち明ける。「sabra」は現在発売中の10年3月号で休刊。巻頭グラビアはたかはしさんが飾っている。写真集「Juicy Dancing」は10年2月10日に発売になる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中