「鉄骨飲料」に「メガネクリンビュー」 懐かしのヒット商品相次ぐ復活

印刷

   1980年代から90年代にかけて人気を呼んだ商品が相次ぎ復活する。サントリー食品は90年代初頭に女優、鷲尾いさ子さんのテレビCMで爆発的にヒットしたカルシウム入りの特定保健用食品「鉄骨飲料」を3月30日にリニューアルし、再投入する。

   鉄骨飲料はバブル期の89年10月に発売し、90年に大ブレークしたが、近年はドラッグストアなどで細々と売られるだけだった。ヒット当時を知る30~40歳代の女性をターゲットに、カルシウムなどを増量して売り込みを図るという。

ピークの90年に1億6500万本を出荷する爆発的ヒット商品

   バブル末期の89年から91年にかけ、日本では「機能性飲料」と呼ばれた新商品のブームが起きた。「オリゴCC」(カルピス食品工業)、「鉄骨飲料」(サントリー)、「ファイブミニ」(大塚製薬)などが代表格だ。この中で鉄骨飲料は、モデル出身の鷲尾さんら「鉄骨娘」が風呂の中でコミカルに踊る斬新かつユニークなテレビCMを全国放映。このCMはバブル期の高揚感を反映したのか、底抜けに明るく、CM総合研究所の「好感度」調査で、90年、91年と2年連続でナンバーワンに輝いた。

   鉄骨飲料はこのCMが人気に火をつけ、ピークの90年には目標の300万本を大幅に上回る1億6500万本を出荷するなど爆発的なヒット商品となった。ところがブームが去ると出荷数は「坂を転がるように減少した」(業界関係者)という。その後、鉄骨飲料は95年に厚生省(現厚生労働省)の特定保健用食品になったが、往年の勢いは失せていた。

   しかし、サントリーが09年に20歳代から60歳代の男女を対象に調査したところ、「鉄骨飲料」の商品名を知っていると答えたのは52%と半数を超え、今なお認知度が高いことがわかった。当時のCM効果が今も残っているということらしい。また、特定保健用食品に対する認知度、信頼度が現在は高く、「かつての鉄骨飲料のユーザーが骨の健康を真剣に考える年代に突入した」(サントリー)ことから、骨粗しょう症が気になる30歳代から40歳代の女性をターゲットに2010年は1500万本を販売する計画だ。

マスクをする人が増え、メガネの曇り止めの需要高まる

   リニューアルする鉄骨飲料はカルシウムを120ミリグラムから200ミリグラムに増量。カルシウムの吸収を高める成分も配合する。容器は120ミリリットルのガラスびんから、200ミリリットルのペットボトルに変更する。1本132円。サントリーは新たなCMを計画中で、再び話題を呼びそうだ。

   一方、80年代にこちらもCMが話題となって人気商品となった眼鏡用曇り止め「メガネクリンビュー」も2月に一般向けの店頭販売を再開し、復活する。メガネクリンビューは、自動車ガラスの曇り止め「クリンビュー」を販売する中堅化学メーカー、タイホーコーザイが、前身のタイホー工業時代の82年に発売し、ヒットした。だが、同社が経営不振となったことなどから、90年代に一部を除き、一般の店頭から姿を消していた。

   最近は新型インフルエンザの流行や花粉症対策でマスクをする人が増え、メガネの曇り止めの需要が高まったと判断した。全国の薬局やコンビニなどで販売する。鉄骨飲料にメガネクリンビュー。ヒット当時を知る消費者にとっては、なんとも懐かしい商品の復活だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中