任天堂業績復調の兆し Wiiクリスマス商戦で善戦

印刷

   任天堂の2009年4~12月期連結決算が発表となり、09年年央に失速した据え置き型ゲーム機「Wii(ウィー)」などが年末の日米のクリスマス商戦で善戦し、最悪期から復調したことがわかった。

   任天堂は09年10月にWii本体を値下げしたほか、11月には携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の新型モデル「ニンテンドーDSiLL」と、人気ゲームソフト「NewスーパーマリオブラザーズWii」などを相次ぎ投入。「NewスーパーマリオブラザーズWii」は年末までに世界で1055万本を販売するヒット商品となるなど、反転攻勢が功を奏した。

WiiとニンテンドーDSが世界販売の新記録達成

   任天堂の09年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比23.1%減の1兆1821億円、営業利益は同40.8%減の2966億円と4年ぶりの減収減益となった。しかし、09年10~12月期を見ると収益は改善した。Wii本体は前年同期比で8.4%増の1131万台を販売し、復調傾向が裏付けられた。売上高の減少幅も4~9月期より縮小した。決算発表で会見した同社の森仁洋専務は「12月は好調だった。Wiiはソフトがそろい、値下げ効果も後押しした」と、テコ入れの効果を認めた。

   任天堂は決算発表に合わせ、WiiとニンテンドーDSが世界販売の新記録を達成したことも発表した。米国のクリスマス商戦の好調さに支えられ、Wiiの累計販売台数は09年12月末に6745万台を突破。これまで同社の据え置き型ゲーム機のベストセラーだった「ファミリーコンピュータ」の6191万台を抜いてトップに躍り出た。

ゲームの売れ行きと景気動向は関係ないのか

   同じくニンテンドーDSは1億2513万台となり、こちらも携帯ゲーム機のベストセラー「ゲームボーイ」の1億1869万台を超える快挙を成し遂げた。Wiiは06年11月に発売。ファミリーコンピュータは1983年の発売で、Wiiは発売からわずか3年余りで記録を塗り替えた。DSは04年11月の発売なのに対して、ゲームボーイは89年の発売で、こちらもDSの好調ぶりを裏付けた。

   任天堂の岩田聡社長は、これまで「ゲームの売れ行きと景気動向は関係ない」というのが持論だった。一時は失速したWii本体の販売が年末にかけて復調し、米国では12月に単月では過去最高となる300万台を超えたことに手応えを感じているようだ。岩田社長の持論通り、「NewスーパーマリオブラザーズWii」などの有力ソフト投入を投入すれば、不景気でもゲーム愛好家は敏感に反応することが裏付けられた。ゲーム業界で、任天堂のさらなる一手が注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中