熊本県知事、荒瀬ダム撤去方針 既存ダム廃止は全国初

印刷

   熊本県の蒲島郁夫知事は2010年2月3日、発電専用の県営荒瀬ダム(八代市)を撤去する意向を表明した。県は02年に撤去の方針を示していたが、撤去費用などを理由に08年に存続方針に転換。しかし、発電用ダムとしての存続に必要な水利権が10年3月末に期限切れを迎えることから、再び撤去方針に転じた。実際に撤去された場合、既存ダムの撤去は全国初。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中