おバカブームの後は優木まおみ? 「エロかしこい」人気の秘密

印刷

   「エロかしこい」タレントの優木まおみさん(29)が、お笑い芸人2人との熱愛を報じられるなど、このところ話題沸騰中だ。おバカブームの後は、高学歴インテリ芸人がもてはやされるのか。

   スポーツ紙2紙が相次いで優木まおみさんの熱愛を報じると、ネット上では、ファンから次々に悲鳴が上がっている。

「高学歴のタレントが胸元見せるギャップがいい」

知的な発言は?
知的な発言は?
「嘘だぁ~(泣) 有り得ないッ! 俺は信じないぞ」
「無念すぎる…部屋にかかるカレンダーの前で涙ですよ」

   これらは、2万人以上が参加するミクシィのコミュニティに寄せられた声だ。

   今回の騒動では、デイリースポーツが2010年2月6日、お笑いコンビ「次長課長」の井上聡さん(34)、翌日の7日には、日刊スポーツがお笑いコンビ「しずる」の村上純さん(29)、とそれぞれ別人との熱愛を報じた。それだけでもファンを混乱させるのに十分だが、このところの「エロかしこい」人気ぶりも騒ぎを増幅させているようだ。

   まおみさんは、グラビアを飾る色っぽさとは対照的に、クイズ番組などでは頭の切れをみせる。東京学芸大を出て、小学校の教員免許を持っていることもあって、「エロかしこい」ともてはやされるようになったらしい。今や、バラエティ番組などで7本のレギュラーを抱える、売れっ子のマルチタレントだ。

   芸能界では、これまで「おバカブーム」全盛だった。しかし、それが視聴者にあきられ、反動で「高学歴インテリ芸人」に関心が移っているのだろうか。

   芸能リポーターの井上公造さんは、こう分析する。

「高学歴のタレントは、グラビアで胸元を見せるようなことはあまりしません。そのギャップがいいんでしょうね。一緒に番組をやって仕事ぶりを見ていますが、とても器用なんですよ。細かく説明しなくても理解が早く、番組でも幅広くいろんな使い方ができるので重宝がられています」

恋愛もかしこい肉食系女子?

   優木まおみさんは、グラビア以外にも、体当たりの芸を数々披露している。

   2004年7月25日放送のTBS系番組「世界ウルルン滞在記」では、毎日虫を食べて暮らすタイの山村に住み込み、平気で虫を食べてみせた。また、バラエティ番組では、「人に噛んだり噛まれたりするのが好きなんです」などと、インテリとは思えぬ発言もしている。

   恋愛も、肉食系らしい。09年末に都内であったイベントでは、婚活中の相手について、「いまハンティングしてます」と明かしている。熱愛報道された次長課長の井上さんと、しずるの村上さんは、吉本男前ランキングで上位に入った芸人だけに、好きだというイケメンを狙っていたのだろうか。

   ブログを見ると、知的な話題よりも、愛犬との生活など身近な話題が多い。まおみさんは、本当に「エロかしこい」のか。

   芸能リポーターの井上さんの見方はこうだ。

「かしこさを前面に出すと、イヤミになります。お高く止まっているのではなく、体当たりでやるキャラを演じているわけです。それが好感度アップにつながっています。テレビで求められている人が分かるので、かしこいのだと思います」

   婚活でも、色っぽさを武器に、かしこく相手のハンティングをしているのだろうか。

   ちなみに、所属事務所の生島企画室では、熱愛は否定している。

「村上さんとは、プライベートでの面識はなく、仕事で一緒なだけです。付き合っていません。井上さんは、何人かで集まっているお友だちの一人です。付き合っていないと聞いています」

   含みのありそうな発言だが、話題作りの可能性についても否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中