息子失った母親の願いに応えた 鈴木勝吾ブログに「涙止まりません」

印刷

   人気特撮ヒーロードラマに出演している、若手俳優の鈴木勝吾さん(21)のブログが話題を集めている。息子を失った母親の「お願い」に対する返答が「粋」だったからだ。ブログを通じたやりとりに読者からも「感激しています」「涙が止まりません」という書き込みが相次いだ。

   話題になっているのは、鈴木さんが2010年2月7日と8日に書いた記事だ。7日は「ゆびきりげんまん」と題して、出演する特撮ヒーロードラマ「侍戦隊シンケンジャー」のことを話題にした。ドラマが同日の放送で最終回を迎えるという内容だった。

「空を見上げて頂けないでしょうか」

鈴木さんのブログに寄せられたコメントが話題に
鈴木さんのブログに寄せられたコメントが話題に

   鈴木さんはドラマで、シンケングリーンに変身する谷千明役を演じている。番組は幼児向けだが、お母さんの方も熱狂しているらしい。その証拠に、鈴木さんのブログにも番組放送前からは「楽しみです」「まちきれないよー」などと書き込みが殺到し、番組がはじまってもそれは続いた。

   そして放送終了後にも、「最後は泣いちゃいました」「立ち向かって行く強さ、感動したよ!」「終わるのめっちゃさみしいです」などと盛り上がったほどだ。コメント欄には結局、900件以上が書き込まれた。そんな中にひとつ、毛色の違った書き込みがあった。

   「実は、お願いがあってコメントさせて頂きました」と始まる一文だ。投稿者は、読んでいただけるだけでよく、掲載しなくてもかまわないと丁寧に前置きし、息子が2010年1月末、呼吸不全で突然死したと打ち明けた。息子はシンケングリーンが大好きで、幼稚園のお遊戯でもグリーンに扮して立派に踊ったこともあった。そこで、こんなお願いを、と切り出したのだ――。

「千明さんに、息子正義(せいぎ)のために一度だけで結構ですから空を見上げて頂けないでしょうか、という事なのです」

「あなたは本当に優しい優しいヒーローです」

   すると、鈴木さんがこれに応えた。翌2月8日に「正義が光る、その空に」と題した記事を更新した。掲載された写真は空を映したもので、薄い水色から深い青へと変わるグラデーションが美しい。コメント欄を受けてのものと見られる。本人はこの日、ブログに寄せられたコメントには目を通しているといい、多くの人の応援があることには感謝しているとも書いている。

   このやりとりに気付いた人の間では、彼の優しさに対する共感が広がっている。ある読者は青空の写真を見て、「ささやかながら私も空を見上げました。どうか届きますように」とコメントした。他の人も「貴方の心の深さに感謝し、感激しています」「涙がとまりません。前回の読者様のコメント、偶然読みました。私、全然関係ないけど・・・勝吾君にお礼を言いたいです」「同じ年の子供を持つ母親として涙がでました…」「あなたは本当に優しい優しいヒーローです」。

   一方、前出の投稿者は「ありがとうございました!」と応え、「不躾なお願いを聞いて下さり、(ですよね??)本当にありがとうございました」と感謝を書き込んだ。息子も喜んでいると思うと感無量だとつづっている。その上、自身のブログでも話題にしたところ、彼女のブログにも子を持つ母親からの励ましが書き込まれた。

   ちなみに、鈴木さんはシンケンジャーの番組HPのインタビューではドラマを通じ、「絆」を伝えたい、友達や家族、周囲の人を大切にして欲しい、と言っている。さらに今後の目標として、人間臭さの出せる役者になりたいとの夢を語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中