長崎知事選で利益誘導 民主党よ「おまえもか」

印刷

   民主党が長崎知事選で利益誘導の圧力をかけていたのではないか、と報じられている。選挙協力すれば道路を作るなどと持ちかけていたというのだ。しかし、同党側は、「相手が要望に来たためで、権力利用ではない」と反論している。

   長崎は、地方では、民主党が比較的強い県として知られる。2009年8月の衆院選でも、風が吹いたとはいえ、4つの小選挙区すべてで同党候補が当選している。

小沢氏「高速道路をほしいなら造ることもできます」

自民とどこが違うのか
自民とどこが違うのか

   ところが、10年2月21日に投開票が行われた県知事選では、自民党などが支援する候補が、民主党推薦候補に9万票差で圧勝した。

   その理由として、マスコミで報じられるのが「政治とカネ」の問題だ。読売新聞の出口調査では、この問題を判断材料にしたと4割が答え、その6割が自民党支援候補に投票していた。

   カネと言えば、利益誘導もその一つ。知事選前には、民主党幹部らが次々にこれを持ちかけていたと、新聞やテレビが取り上げている。

   21日付産経新聞によると、民主党の小沢一郎幹事長は、1月17日にあった同党長崎県連のパーティーで、「(推薦候補の)橋本剛君を知事に選んでいただければ自主財源となる交付金も皆さんの要望通りできます。高速道路をほしいなら造ることもできます」と話した。

   また、2月22日放送のテレ朝系「スーパーモーニング」では、石井一選対委員長が1月29日の応援演説で、「時代と逆行するような選択をされるのなら、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と語ったと報じた。

   特に、道路整備については、熱を入れていたようだ。日経の2月22日付記事によると、石井氏は、1月28日の決起大会で「島原には道路は造らんといかん」と訴えたという。さらに、前原誠司国交相も、島原で道路を視察し、同30日には「お金も権限も来る」と支援を呼びかけたと報じられている。

「『要望で会いたい』と来たので、対応しただけ」と反論

   利益誘導とも取れる民主党幹部らの発言について、ある自民党長崎市議は、取材に対し、皮肉混じりにこんな見方を示す。

「団体に協力してもらおうというのは、わが党と同じですよ。しかし、協力してもらうのが当たり前でしたから、民主党のように脅したりはしませんでしたね。われわれには何十年もの長い歴史があって、『あうん』の呼吸でやっていましたから。民主党は、わが党のマネをしたので、強引になっちゃったんじゃないでしょうか」

   民主党は、建築業界や医師会などでも、自分たちの指導通りにしないと、要求が実現しにくくなると言っていると明かす。パーティー券についても、購入しなかったリストを作って参考にしているという。

   これに対し、民主党長崎県連の幹事長代理は、こう反論する。

「相手方が『要望で会いたい』と来たので、対応しただけです。単純に、権力利用とは言えませんよ。利益誘導といっても、意見交換には関係者が集まるのですから、政権与党なら自然とそうなっていくものです。これは権力の常道ですよ。自民は5、60年もやって慣れていますから、マスコミは叩こうとしません。民主が新しいから、叩くんでしょう」

知事選の敗因については、次のように言う。

「確かに、『政治とカネ』の問題が逆風になったことはあります。しかし、そればかりではありません。候補者決定から実質2か月しかなくて、新人では県民に名前が浸透するのに時間が足りませんでした。よそ者を連れてきたイメージが払拭できなかったわけです。(プロレスラーの)大仁田厚候補が9万票以上取って、票を取り込めなかったことも大きいです。衆院選などでは、無党派層の7割がうちに来ていたんですからね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中