JAYWALK「彼の声無くして考えられません」 メンバーが中村容疑者の更生願う

印刷

   ロックバンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)が2010年3月9日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、10日、送検された。これを受けて、所属事務所のフリーウェイが同日付けで、JAYWALK公式サイトに「3月9日付の報道に関しまして」という文書を掲載した。

   9日の現行犯逮捕報道について、「ファンの皆様を始め関係者各位には、多大なご迷惑をおかけしていますことを、深く心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

「耕一さんの横でギターを弾きたい」

   「JAYWALK」メンバーからのコメントも掲載されている。バンドリーダーの知久光康さんは「JAYWALKは全員が支え合っているつもりでしたが、僕は耕一さんを支えていなかったかもしれません」とした上で、こう語っている。

「でも、ルールは守らなければいけません。今でも友達であり仲間であると思っています。耕一さんの横でギターを弾きたい、と思っています」

   ベースの中内助六さんは、中村容疑者に全幅の信頼を置いてこれまでやってきた、という。多少時間にルーズなところがあったが、それも「ご愛嬌で、薬物の影響を受けているということになど、全く疑うことはありませんでした」。メンバーとして責任を感じているといい、「ステージで影響を与える仕事だからこそ、肝に銘じて、同じ仲間として再発防止に努めます」とした。

   また、「JAYWALKは彼の声無くして考えられません」(田切純一さん)、「中村耕一の更生を待ち、いつの日かまた音楽を一緒に作れることを望んでいます」(杉田祐さん)といった具合に、中村容疑者の更生と復帰を願っていた。

解散は否定

   これまで報じられているところによると、中村容疑者は9日未明、東京都港区西麻布の路上で、車の中に覚せい剤を持っていたとして警視庁麻布署に現行犯逮捕された。逮捕後、警視庁が中村容疑者の都内自宅マンションを家宅捜索し、微量の覚せい剤とコカイン、大麻を押収。薬物吸引具も見つかり、中村容疑者はこれら薬物の使用を認める供述をしているという。

   フリーウェイが9日に開いた会見では、知久悟司社長が謝罪するとともに解散を否定した。JAYWALKは1980年に結成され、81年にデビュー。91年にシングル「何も言えなくて…夏」がミリオンセラーを記録している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中