議会ボイコットは「報道機関へのお仕置き」 阿久根市長

印刷

   報道機関の傍聴を理由とした議会ボイコットについて、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は2010年3月14日、「事実を歪曲する報道機関に対するお仕置きと議会との駆け引きだ」と弁明していたことが分かった。

   同市の市民懇談会で、市民団体代表が「市民のことを考えるのなら、マスコミがいることは理由にならない」とただしたのに答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中