独女が望む結婚相手の条件 「三高」姿消し「友だち型」

印刷

   独身のアラサー、アラフォー女性が結婚相手に求めるものは――。かつてのような高学歴、高収入、高身長といった「高望み条件」は姿を消し、相手の価値観や相性、安定収入を求める傾向がある。専門家は「パートナーとの理想の関係は『友だち型』。共同意識を強く求めています」と話す。

   アクサ生命保険は2010年3月15日、アラサー(25歳~34歳)、アラフォー(35歳~44歳)女性600人を対象に実施した「オトナの女のリスク実態調査」の結果を発表した。それによると、彼女たちを不安にさせる5大要素は「収入減、失業(56.2%)」「老後の生活(51.8%)」「親の死亡・介護(49.2%)」「健康面の変化・衰え(48.5%)」「結婚できるかどうか(47.3%)」だった。

結婚相手の理想年収は現実とほぼ同じ額

独女が結婚相手に求める条件。1位は「価値観が合う」
独女が結婚相手に求める条件。1位は「価値観が合う」

   アラサー女性に限って見ると、不安の第一位にあげているのが結婚で、最大の関心事だ。

   ほかの調査でも同じで、結婚相談所オーネットが2009年10月に発表した調査によると、結婚の意思は3年前に比べて微増ながらも高まっている。

   では、独身女性が結婚相手に求めるのはどんな人なのか。アクサ生保の調査によると、▽第1位「価値観が合う(61.8%)」▽第2位「金銭感覚が一致している(27.0%)」▽第3位「雇用が安定している(26.3%)」という結果になった。だが反対に、かつてもてはやされた「三高」は、▽第9位「収入がいい(12.3%)」▽第19位「学歴が高い(1.7%)」▽第20位「身長が高い(1.5%)」といった具合で、いずれも関心が低い。

   たとえば収入。結婚相手の理想の年収では、平均552.2万円という結果だ。これは、サラリーマン男性の平均年収533万円(国税庁調べ)とほぼ同じ額。他方、本当に愛する相手であれば年収270.5万円でよいという声も。どうやら552.2万円-270.5万円=281.7万円が「本当の愛の値段」とも言えそうだ。「結婚で莫大な資産を得る」か「理想な結婚をする」の選択では、前者が33.5%だったのに対し、後者が66.5%いた。

「男性だけが収入源ではなくなったことが大きい」

   なぜ、結婚相手には似た価値観を持つ人が断然求められるのか――。『野性の勘で恋せよ乙女!』などの著者で知られる、つぐみ恋愛相談所・橘つぐみさんは、次のように話す。

「今は女性も働いているので、男性だけが収入源ではなくなったことが大きい。そのせいで、精神的な充実がより求められているように思います。もうひとつは、親(の世代)が熟年離婚する話を見知っている影響も考えられます。価値観があわなくて喧嘩したり、離婚したりして辛い思いをするくらいならば、気が合う人を確実に選びたい、ということだと思います」

   SNS「mixi」内にある婚活・恋活に関するコミュニティでも、理想の結婚相手には安定した収入があることとともに、優しさや共感を求めるという人の意見が目立つ。

   結婚相談所オーネットでも同様の調査が得られた。結婚相手の条件に挙げられているのは、収入・職業よりも性格や人柄、愛情や健康、そして家事・育児への協力姿勢だ。広報担当者はこう話している。

「リーマンショック前は高収入の相手を望むという人が多かったのが、今はそれほど求められてはいません。自分の思い描く理想的な結婚生活をしたいと言います。パートナーとの理想の関係は『友だち型』といって、共同意識が強く望まれています。これは、結婚しても働き続けたい女性が多いので、相手の給与は平均的でもよい、その代わり家事などは分担して欲しい、と思っているのです」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中