軽量コンパクトで高画質  「一眼カメラ」ソニー参入で競争激化

印刷

   「一眼レフ」ならぬ「一眼カメラ」と呼ばれるデシタルカメラがマスコミをにぎわすようになった。一眼カメラはパナソニックとオリンパスが共同で規格を開発し、市場を開拓した。「写真は好きだが、大きく重い一眼レフはいや」という女性の支持を受け、シェアを広げるパナソニックに対抗し、2010年1月には韓国サムスンが独自の一眼カメラを自国で発売、世界展開を目指すという。そこに後発のソニーが参入を表明したため、ライバル同士の開発競争から目が離せなくなってきた。

   「一眼カメラ」とは、フィルム時代からのカメラファンにとっては耳慣れない言葉だ。

「一眼レフ」とどう違う

   新聞やテレビは似て非なるこの二つのカメラを区別できず、混同して使っていることもあるので、注意が必要だ。伝統的な高性能カメラである「一眼レフ」がレンズからの実像をファインダ―に映すため、反射鏡(レフレックス)を使うのに対して、一眼カメラは反射鏡を用いず、その分ボディーをコンパクトにしたデジタルカメラだ。

   このため、「ミラーレス一眼」などとも呼ばれる。従来のコンパクトカメラと異なるのは、一眼レフと同じく、レンズの交換が可能で、軽量コンパクトなボディーながら高画質の撮影ができることだ。

   「一眼カメラ」なるネーミングを考案し、普及させたのは、2008年秋に最初の「ルミックス」を発売したパナソニックだろう。ルミックスは一眼レフのような重厚なデザインを採用せず、薄型ボディーと軽さを売りものに、初心者でも扱いやすい機能を充実させ、大ヒット。樋口可南子さんら女優が多数登場するCMも、女性がターゲットであることを印象づけた。

急速に普及し、シェアは20%前後

   一眼カメラはレンズ交換ができるため、交換レンズのバリエーションを増やすことができ、ユーザーにとっては楽しく、メーカーにとっては収益性が高いなど双方にメリットが大きい。最新の民間調査によると、一眼レフと一眼カメラを合わせたレンズ交換式カメラの市場で一眼カメラの普及は急速に進み、シェアは20%前後に達した。今後も伸長が予想されるという。

   パナソニック、サムスンを追撃するのが、この分野で後発のソニーだ。ソニーは06年にコニカミノルタから一眼レフカメラ事業を買収し、ミノルタ時代からの伝統の「α(アルファ)」ブランドを継承した。ソニーは独自の規格で一眼カメラ(ミラーレスカメラ)に参入すると表明。横浜市で開かれたアジア最大のカメラ展示会に参考出品し、注目を集めた。ソニーは伝統のαブランドで年内にも新商品を発売するという。

   迎え撃つパナソニックは、一眼カメラとしては世界初というタッチパネル式の液晶画面を備えたルミックスを4月に発売すると発表。ソニーの参入で、一眼カメラ市場の競争が激化し、面白くなるのは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中