丸川珠代参院議員は鬼嫁? 落選中夫への「仕打ち」とは

印刷

   元テレビ朝日アナウンサーで2007年に初当選した、丸川珠代・参院議員(39、自民)が、テレビ番組に「鬼嫁」として登場した。落選中の夫、大塚拓・前衆院議員(36、自民)が自身を「気の毒な夫」だというのに対し、丸川議員は猛反論したが……。

   島田紳助さん司会の人気番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、「気の毒な夫 第7代王者」を決めるスペシャル版。2010年3月21日夜に放送された。

「そんなだから落選するのよ」

   番組は、夫たちの「気の毒」ぶりが、再現ドラマと本人談で次々紹介された。お笑いのオール阪神さんや、雨あがり決死隊の宮迫博之さんら7人が「第7代王者の候補」として登場した。08年に丸川さんと結婚した大塚さんも、候補の1人として出演した。

   夫の「新婚数か月後」のエピソードは、次のようなものだった。

   妻からの携帯電話の連絡が、会議中に50件以上も入っていた。帰宅時間が遅くなり、玄関先で40分以上も締め出しを食らった。09年夏の衆院選期間中は、演説の仕方について叱られた。「肝心なところでかむ(言い間違える)のよ。そんな人の応援はうんざり」。

   さらに、衆院選落選で落ち込んでいると、「先生、そんなだから落選するのよ。あ、もう先生じゃないか。私は当選したけどね」ときついひと言を放たれた。今では「落選して稼げないくせに家事もやらないの?」と責めてくる。そこで、皿洗いなどをするようになった。紳助さんから感想を求められた大塚さんは、「今は稼ぎがなく(丸川さんに)頭が上がらない。つらいですねぇ」と、しんみりと答えた。

   その後、スタジオに丸川さんが登場し、選挙に関して夫を一生懸命応援していたがゆえの発言だった、と弁解した。丸川さんが話している途中に大塚さんがほかの出演者と会話をしていると、「ちょっと聞いてる? 聞いてる?」。反論するよう促された大塚さんは「(妻の)仰る通りだと思います」と、主張を認めてしまった。

叱咤激励しようと

   それではダメだと、さらに反撃するよう周囲からそそのかされた夫は、「演説中にかむといっても、毎回というわけではない」と指摘した。しかし、丸川さんは「秘書が残り時間あと1分と知らせるのに先生(大塚さん)は5分も話してしまう」と追い打ちをかける。もっとも、会議中に何度も携帯電話をかけたことについては、「だって心配でしょうがないんだもん」としおらしく話し、強気一点張りではないところもみせた。

   司会の紳助さんの見立ては「鬼嫁度は低い」だった。夫を叱咤激励しようとするあまり、と感じたようだ。結局はゲストで女優の井上真央さんが阿部祐二リポーターを王者に選んだ。

   丸川さんは、07年の参院選直前にテレビ朝日を辞めて東京選挙区から自民党公認で立候補した。改選数5のところ、自民党からは当時の現職と丸川さんが出る形になった。改選数1増に伴い、当時確保していた1議席から2議席へ増やそうという狙いだった。しかし、自民党の苦戦が予想される中、丸川さんの立候補に対しては現職側からの風当たりは強く、組織票は現職に、丸川さんは浮動票でがんばる、という「棲み分け」がなされた。ふたを開けてみると、2人のうち、当選したのは丸川さんだけで、当選したにもかかわらずバンザイをしない、という異例の光景がみられた。

   大塚さんは、銀行員などを経て、05年のいわゆる「郵政選挙」のときに衆院選比例東京ブロックから自民党公認で立候補し、初当選した。昨09年夏の衆院選では、埼玉9区から立候補したが落選した。今回の番組中、しきりに「復活」をめざしている姿勢を強調していた。2人は、08年に結婚した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中