「足利事件」菅家さん無罪で冤罪事件終結

印刷

   宇都宮地裁は「足利事件」で無期懲役確定となっていた菅家利和さん(63)に対し、2010年3月26日の再審判決公判で無罪を言い渡した。3人の裁判官は立ち上がり、菅家さんに対し「申し訳ありません」と頭を下げた。これによって冤罪事件は終結した。

   「足利事件」は1990年、栃木県足利市で4歳の女児が殺害され、DNA鑑定と菅家さんの自白により菅家さんが逮捕された。しかし、DNA鑑定の信憑性がなく、自白もむりやりさせられたものとし、菅家さんは最高裁での無期懲役確定後の02年に再審を請求。09年6月に再審開始が決定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中