マドンナの娘が女優デビュー? デマ説も飛び出し大騒ぎ

印刷

   米国の歌手・マドンナさんが、自身の監督する映画に長女ローデスさんを出演させるという情報が海外メディアで流れ、話題になっている。ローデスさんはまだ13歳で、以前から芸能活動に意欲的だったという。ただ、映画出演報道自体がデマだという報道も飛び出し、大混乱状態だ。

   ローデスさんは、1996年にマドンナさんと元夫の間に生まれた。現在13歳で、まだあどけない様子が残るが、輪郭や鼻のラインが母親によく似ている。メディアにもときおり登場。母親と一緒に映画の試写会にゲストとして出たり、2010年3月中旬には、親子共同でティーン向けファッションブランドを立ち上げたりしている。

マドンナさん、以前は娘の芸能活動に反対

   そのローデスさんが女優として映画に出演するという情報が流れ、海外メディアを賑わせている。

   26日付けで英国の大衆紙「ザ・サン」が報じた内容よると、マドンナさんは自身の監督映画の2作目として、2010年夏から英国のエドワード8世をテーマにした映画『W.E.』の撮影を開始する予定で、そこにちょっとした役を用意したという。

   ローデスさんは以前から芸能活動に対して意欲的で、長年ダンスのレッスンを受けてきたほか、最近では、歌のトレーニングも始めている。だが07年、映画『ハリー・ポッター』シリーズへの出演オファーがあった際には、マドンナさんが大反対。当時の報道では、マドンナさんは娘に普通の子供時代を過ごすことを希望しているとされていたが、今回は自らが娘の女優デビューをアレンジしており、心境に何らかの変化があったようだとしている。

   サン紙は「情報筋」からとしてこのネタを紹介しており、その関係者は「大きな役ではありませんが、彼女が映画業界でやっていく上で、とてもいい経験になるでしょう」とコメントしている。

マドンナさんの広報担当者が完全否定

   「Queen of pop(ポップスの女王)」の娘が映画デビューするというニュースは、すぐに英米圏で話題となり、ネット上でもブログやツイッターを中心に多くの書き込みが寄せられた。ローデスさん自身に関しては、

「彼女の写真を見たよ。マドンナにそっくりじゃないか。なんて綺麗なんだ!」
「13歳だってことは知っているけど、凄いセクシーだね」

といったコメントが見られるものの、肝心の映画出演については、

「有名人の子供が親の力を借りて活動するのはいい気持ちがしないな」
「彼女に本当の才能がなければ、誰も彼女を真のアーティストだと認めないよ。いつまでも『マドンナの娘』のままさ」

といった声が目立つ。やはり「親の七光り」と思われているようで、厳しい見方が多数のようだ。

   しかし、映画出演自体がデマだという報道が出た。「MTV news」が米国時間29日付けで報じたもので、マドンナさんの広報担当者に問い合わせたところ、ローデスさんの映画デビューを完全否定されたという。記事ではフランスのウェブサイトからデマが広がったとしているが、もし本当ならローデスさんにとってはいい迷惑だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中