相武紗季の衝撃失恋 「同じ男性に3回告白して振られる」

印刷

   女優の相武紗季さんがテレビ番組の中で、「同じ人に3回告白し、3回とも振られた」という過去の失恋経験を明かした。さらに、男性にはモテそうなイメージにもかかわらず、これまで自分から告白して成功したことは1回もないのだという。

   相武さんは1985年生まれの24歳。高校野球のPR女子高生として芸能界デビューし、女優としてドラマや映画などで活躍している。「清楚でかわいい」と男性からの人気が高い。

「全部が並くらいの方でした」

自分から告白しても毎回振られてしまうという相武紗季さん(09年11月撮影)。
自分から告白しても毎回振られてしまうという相武紗季さん(09年11月撮影)。

   相武さんは2010年4月2日、朝の情報番組「スッキリ!」にゲストとして出演した。「今までに失恋をしたことはありますか」という質問に、司会の加藤浩次さんらから「ないでしょー」と言われながらも、

「あります。10代のころ同じ人に3回告白して、3回とも振られました」

と告白。「中学から高校まで3回。4年ぐらいで、1年に1回ぐらい」と説明、かなり積極的にアプローチしていたようだ。

   相武さんを振るなんて「馬鹿じゃないの」と突っ込まれていたが、どんな男性だったのだろうか。

   運動や勉強が特別できたわけではなく「多分全部が並くらいの方でした」。ルックスも普通で、地味ながらも面白い点に惚れたそうだ。「話すとたまに論点がずれていたり、考えていることがたまにわからなかったりするのが凄く面白かった」

告白成功しない理由「タイミングが悪いみたい」

   現在、TOKIOの長瀬智也さんと交際中だという報道が出ている相武さんだが、その男性とは今でも地元の友人達と集まったときに会うことがある。芸能界で活躍する相武さんの姿を見て、「頑張ってるね」とは話してくれるが、「しまった!付き合えばよかった」と後悔するようなことは全然言っていないという。

   相武さんは好きになると自分から積極的に告白するタイプだと自分でも認める。だが、今まで自分から告白して成功したことは1度もないといい、その理由は「わからないけど、タイミングが悪いみたいです」。加藤さんやテリー伊藤さんには、相武さんにアプローチされて断る男性がいることが意外なようで、終始「信じがたい」。

   また、トーク終盤では、相武さんは自身が男性の「うなじフェチ」であることを告白。男性をみると、ついついうなじを意識してしまうといい、ツイッターには「なに言ってんだw」「意外と変態!すき!」といった反応が書き込まれていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中