トヨタのハイブリッド技術 4社に広がり世界の主流に

印刷

   トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の技術ライセンスをマツダに供与することで合意し、トヨタがHV技術を供与する自動車メーカーは日産自動車、米フォード・モーター、富士重工に続き4社となった。

   HVを独自に開発するには数千億円の巨額投資が必要とされ、日本メーカーで独自の乗用HVを市販しているのはトヨタとホンダだけ。HVは電気自動車(EV)に移行するまでの過渡的な技術との見方もあるが、「プリウス」に代表されるトヨタのHV技術が当面、世界の自動車市場で主流の地位を占めるのは間違いなさそうだ。

スバルは2012年の市場投入目指す

   マツダは、トヨタから受けるHV技術と、独自開発の高効率ガソリンエンジン、トランスミッションを組み合わせたマツダとして初のHVを2013年に日本で発売する方針を明らかにした。マツダは米フォードの出資比率が3分の1超から約11%に下がるなど「自立」を迫られ、HVで世界一の実績をもつトヨタにラブコールを送ったわけだ。

   ここでトヨタのHVの他メーカーへの技術供与を確認しておく必要がある。日本ではあまり知られていないが、日産は2007年から北米戦略車「アルティマ」にトヨタのHV技術を取り入れている。日産はカルロス・ゴーン社長が2000年代前半にHVの開発を一時中止したため、トヨタ、ホンダに大きく水をあけられ、EVで巻き返しを図ろうとしている。かつて日産は「ティーノ」で独自のHVを国内でも発売したが、試験的な販売にとどまった。現状ではトヨタの技術を使ったHVを国内で市販する動きはなく、再び独自開発に向かっている。

   日本国内でトヨタの技術を使ったHVが登場するとすれば、マツダよりひと足早く、スバルの富士重工だろう、富士重工の森郁夫社長は「2012年の市場投入を目指す」と明言しており、資本関係を結ぶトヨタと共同開発を進めている。スバルの主力車「レガシィ」などは縦置きの水平対向エンジンで、エンジン横置きのプリウスのHVシステムは搭載できないが、レクサスのV型縦置きエンジンのHVを実用化しており、スバルはレクサスのHVをレガシィなどに流用することになる。

国内外にHV技術をさらに供与する可能性

   森社長は「スバルらしい走りと環境性能を両立したHVを投入する」と語っており、スバルはトヨタグループ内でスポーツHVの一翼を担う戦略のようだ。富士重工はEVの市販で先行しており、トヨタはEVでも富士重工をうまく活用しながら、共同開発を進めている。

   トヨタの内山田竹志副社長はマツダとの技術提携を発表した会見で、「優れた環境技術は独占しないと約束している」と述べ、国内外のメーカーにHV技術をさらに供与する可能性があることを示唆した。自動車業界は独フォルクスワーゲンとスズキが業務・資本提携。日産自動車・ルノー連合と独ダイムラーも相互出資を含む提携でほぼ合意しており、環境技術をめぐる競争が激化するのは必至。トヨタにとっても、技術供与はHV開発コストの早期回収につながるメリットがあり、今回のマツダ同様、他陣営と利害が合致する可能性は今後も否定できない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中