与謝野馨 新党結成で「健全な批判勢力築きたい」

印刷

   自民党を離党し、新党を立ち上げることになった与謝野馨元財務相が2010年4月10日、テレビ東京の情報番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」に生出演し、新党結成の経緯と目的を語った。

   旗揚げの理由については、「このままではずるずると日本が沈没するのではないか。自分の野心とかやりたいとかいう話ではなく、将来の世代のために自ら捨て石になる覚悟だ」と語った。続けて、話は「3月のはじめ」にあったと説明した。

   また、新党は民主党政権を倒すことが目的なのか、財政をはじめとした政策を立て直すことになるのかに話が及ぶと、与謝野氏は、民主党政権は衆議院で3分の2を超える議席がある以上、倒れることはないだろうとした上で、「民主党の政治が、どっちの方向に日本をひっぱっていくかわからない。参議院には健全な批判勢力を築くというのが我々の目指している政治の第一」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中