衝撃!「よし、8人始末した」 米軍ヘリの極秘動画公開

印刷

   米軍の攻撃ヘリが、イラクで通信社の記者含む約10名を攻撃する様子が生々しく撮影された機密動画が注目を浴びている。機関砲を撃ちまくって殺す、というショッキングな内容だ。YouTubeでは80万回近く再生され、これを見た世界各国の人から非難のコメントが殺到している。

   この動画は、米国の内部告発サイト「WikiLeaks」によって2010年4月5日、公開された。事件は首都バグダッドで、2007年に起きた。米陸軍アパッチ攻撃ヘリの砲撃により、ロイター通信の記者2名を含む約10人が犠牲になったが、その時の様子を、ヘリから白黒で撮影したもので、兵士達の会話も生々しく記録されている。

死亡したのは民間人かテロリストか

公開された機密動画。このシーンの直後に砲撃が始まる。
公開された機密動画。このシーンの直後から砲撃が始まる。

   ヘリは、上空から市街を歩く10人ほどの集団を確認する。みな普通の服装で、2名ほど武器を持った人物もいるが、それ以外は丸腰だ。パイロットは「5~6人がAK47(自動小銃)を持っている」と報告。発砲許可を求め、「攻撃は自由だ。以上」という答えが返ってくる。

   ヘリは攻撃のタイミングを伺うが、その時ビルの建物の影に、筒のようなものを持った人物が隠れる。これを「RPG(ロケットランチャー)を持った奴がいる!」と報告し、「全員やっちまえ」と、上空から機関砲を連射。

   砲撃で一体が砂煙だらけになるが、砲撃は続き、「よし、8人始末した」。会話には笑い声も交わり、まるでゲーム感覚だ。路上にはバラバラに飛び散った死体が見られる。

   米国の報道などによると、後の調査で、ロイター通信のフォトジャーナリストが持っていたカメラを、パイロットがロケットランチャーと勘違いしたことが分かったという。動画では、その後負傷者を救出するためにやってきたワゴン車を砲撃する様子も記録されている。

「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

   この動画はYouTube上にアップされ、11日現在までに約76万回再生された。コメントも大量に寄せられており、米国のユーザーからは

「おれには武器に見えるけどね。この地域では、彼らはよく武器を持ち歩いているそうだし、このビデオからは彼らが無害な一般市民であるという証拠は読み取れない」
「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

といった米軍擁護の意見も見られる。

   しかし一方で、

「米国人はテロリストじゃないか。おれは引っ越したくなったよ」
「こうした馬鹿げたことの言い訳に、『戦争だから』っていう言葉がよく使われるけど、戦争なら動物のような振る舞いをしていいのかい?」

といった非難の書き込みが多数寄せられている。米国人にとってはかなりショッキングな映像だったようだ。

   米国以外からは「彼らはテロリストじゃない、自分たちの国を守っていただけ。米国人には全てのアラブ人がテロリストに見えるんだろうね」(スペイン)、「米国が言っていた大量破壊兵器は見つかったのか?」(メキシコ)といった米軍を非難するものがほとんどだ。

   日本では、ニコニコ動画に掲載され、「ひどい…」「これはないわ」といったものや「疑心暗鬼にならなくても武器に見える」といったコメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中