「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除

印刷

   ブログに末期がんで余命1年と書き込み、献血への協力呼びかけなどを行っていた女性が、実は健康であると告白し、ブログが炎上状態となった。非難の書き込みが殺到し記事は削除、2010年4月13日現在、謝罪文のみ閲覧できる状態となっている。

   この女性のハンドルネームは「カバコ」。08年10 月、「スキルス胃がん」で余命1年を宣告されたとして「カバコの癌細胞爆裂的に全滅戦争!!」というブログをアメーバブログで始めた。プロフィール欄には「某プロダクション勤務です」と書かれている。

全身にがん転移、手術で大量の輸血必要

   当初は一個人のブログ日記に過ぎなかったが、前向きに病と闘う女性の姿に感動してか、徐々に支援者を獲得していった。

   09年12月には、女性が10年2月、3月に手術を行うということを発表。16時間にもなる手術でかなりの出血が予想されるが、赤十字などの血液は使えないとし、献血への協力を呼びかけた。全身にがんが転移し、薬も副作用で使えない。医師からは「治療を断念した方がいい」とも言われたが、最後の望みを賭けて手術を決心したという。

   これがブログやツイッターで広く話題となり、「カバコさんが手術に必用な輸血を必用としておられます。東京近郊におすまいでB型の方はご協力をお願いします」といった書き込みが大量になされた。

   その後も、女性への支援は絶えず、10年1月にはアメーバ内に「カバコ会」なるコミュニティが発足。60名以上が加盟した。女性を囲んでのオフ会が開かれたほか、千羽鶴やジュエリーが贈られた。

胃がんは09年に完治、ウソを謝罪

   だが4月に入っても手術が行われることはなく、10日、女性は嘘をついていたと告白した。

   胃がんになっていたのは事実だが、09年には完治し、緩和ケアも必要ない状態で、「皆様には何も告げずに胃癌を装っていました」と嘘を認めた。

「末期癌を抱えている方やその家族の方、blogでコメントをくれた皆様に、嘘をついて申し訳ありません」
「一時期自分も病気を患ったにも関わらず平然と続けて悲劇ストーリーを創り、皆様の気持ちを裏切った私は申し訳ありませんとしか書けません」

と謝罪した。

   しかし、ブログは炎上状態となった。「人の善意を無下にするなんて、どれだけ人に迷惑かけてるんですか。本当に最低です」「やって良いことと悪いことの区別も出来ないのか」といったコメントが600件以上書き込まれ、13日にはコメント欄が閉鎖。過去の記事も削除され、現在は謝罪文だけが閲覧できる状態になっている。

   ショックだったのは支援者だ。そのうちの1人は11日のブログで、女性にも事情があったのだろうとしながらも、「彼女を信じ、共に泣き、苦しみ、悩んでくれた全ての人の気持ちを、一番やってはいけない形で裏切った事には変わりません」。

   もっとも、怪しいと思っていた人も以前からいたようで、「カバコ会」中心人物のブログには、身内をがんで亡くした経験から、初めて女性と会ったときから「何か違う」と思っていたと書かれている。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、注目されたいがために闘病ブログや育児ブログに嘘が書かれることは時折あるとし、

「2ちゃんねるには昔から『釣り師』がいて、ネタという文化が定着していますが、ブログやツイッターなどでネットを使うようになった人はそれを知らないのですね。ネットも現実社会と同じで玉石混交。本当の情報もあれば、嘘もあります。献血の呼びかけなんかは昔からチェーンメールであった古典的な釣りですし、やはり疑ってかかる必要があるようです」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中