株価上昇で富裕層が動く 時計や外車売れ行き回復傾向

印刷

   百貨店で宝飾品、美術品、高級ブランド品といった高額商品の売れ行きが回復している。株価上昇による資産効果もあって、富裕層が財布のひもをゆるめているからだ。高級外車も売れ出した。

   高島屋は美術・宝飾品・貴金属の2010年1月売上高が前年同月比14.4%と大きく伸びた。2月は前年を下回ったが、下げ幅が1ケタにとどまった。3月は宝飾品のみ5%近く上回った。

百貨店の売上高は株価と連動する

   高島屋広報担当者は、

「百貨店の売上高は株価と連動します。リーマンショック以降、高額品を中心に痛手を受けましたが、株が戻ってきたために売れ行きも回復しているんです。その傾向は09年12月頃から見られます」

   と話している。

   美術・宝飾品・貴金属のほかに高級ブランドの衣料雑貨や呉服も「だいぶ戻っている」。ただ、高額品に限ったことで、百貨店の売上げの大部分を占める衣料品には波及していない。

   「大丸」と「松坂屋」を傘下に持つJ.フロントリテイリングも高額品が売れ始めている。松坂屋は美術・宝飾品・貴金属の10年1月売上高が前年同月比5.9%増、2月は1.2%増だった。大丸も美術・宝飾品・貴金属が1月は4.8%増、2月は2.6%増。3月は合わせて2.7%増だった。

   J.フロントリテイリング広報担当者は、

「外商を中心とした高額品の売れ行きに手応えが出てきました。株価が上がってきて、富裕層が心理的にプラス思考になっているのがうかがえます」

   といっている。

   売上げ構成比に占める外商の割合は、大丸が14.6%、松坂屋が33.7%。高額品の中でも高級時計がよく出るが、1000万円クラスの動きはまだ鈍く、売れているのは100万円台の時計だ。

   店頭では高級ブランド品が09年末から売れ行きが回復している。しかし衣料品は天候不順の影響もあって、厳しい状況が続いている。

高級外車も売れ始めた

   高級外車も売れ行きが回復傾向にある。

   日本自動車輸入組合が発表している新規登録台数は、10年2月が前年同月より20.4%増の1万3040台、3 月は12.8%増の2万3494 台となった。ブランド別ではポルシェが2月43.5%増、3月15.3%増、BMWが2月26.9%増、3月9.3%増、ベンツが2月4.9%増、3月10.9%増だった。

   ポルシェ広報担当者は、

「リーマンショック以降、初回の来店から契約までの期間が多少長くなるなどの影響を受けていましたが、最近は新規登録台数を見る限りでは回復傾向にあるようです」

   と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中