地域ターゲティングに高い関心 「あどえりあ」説明会

印刷

   地域ターゲティング特許の管理と地域別広告の企画推進を行う株式会社あどえりあ(東京・千代田区、石田隆社長)が2010年4月27日、「地域ターゲティング説明会」を開催した。広告・メディア関連企業を中心に約90人が出席し、インターネットにおける地域ターゲティングへの関心の高さをうかがわせた。

   説明会は午前10時から東京・内幸町の日本プレスセンタービル10階ホールAで行われた。石田社長による開催の挨拶、ライセンスの説明に始まり、ジェイ・キャスト、サイバーエリアリサーチ、日刊スポーツから利用事例の紹介や効果の報告、将来の取り組みが発表された。

   この事業の電通の責任者である遠谷信幸デジタル・ビジネス局長は、「特許によって利用者を縛ることが目的ではなく、広く利用され、ネットビジネスの新しい展開に役立つことが目的」と話した。また、ネット広告費が伸び悩むなか地域ターゲティングが新機軸となってネット広告を牽引するとの展望を語り、電通が地域ターゲティング広告にかける意気込みを伝えるとともに、積極的な活用を呼びかけた。

   最後に行われた質疑応答では、ライセンスの料金体系に関する質問が出るなど、具体的な利用に向けた動きが活発化していることを印象づけた。

   今回の説明会は、あどえりあ設立後初めて開かれたもの。地方のクライアントの利用に期待する同社は、今後地方でも同様の説明会を開催していくとしている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中