GW休日返上が増える 半導体メーカーは「休みなし」

印刷

   ゴールデンウイーク(GW)に休日返上で操業するメーカーが、2010年は増えている。半導体メーカーのほか、デジタル家電や自動車メーカーの一部だ。

   リーマン・ショック後の景気悪化の影響を受けて苦戦が続いていた半導体メーカーが息を吹き返している。

ルネサスエは全国10工場中9工場フル稼働

   半導体の工場はラインを停止するとコストがかかるため、24時間365日稼働が一般的だ。逆に停止するときは景気がかなり悪いといえる。

   公的資金の支援を受けているエルピーダメモリは需要の急回復を背景に、このGWも広島工場を操業する。回路を焼き付けるなどの「前工程」の工場で、これにプラスチックなどでパッケージ加工する「後工程」の秋田工場も休みなく動かす。

   エルピーダメモリは2009年もGW中休まなかったが、「今年は受注が増えて、かなり大変です。なかでも携帯電話向けの対応に追われている」と話す。

   三菱電機と日立製作所の合弁会社のルネサステクノロジーとNECエレクトロニクスが4月1日に合併して、誕生したばかりのルネサスエレクトロニクスも、GW中は全国10か所にある「前工程」の工場のうち、9か所をフル稼働する。残りの1か所は点検のため1日だけ停止する。

   ルネサスは、「昨年は需要がダウンして、フル稼働したのは4か所のみでした。それを思うと、かなり好転していると思います」と話している。

プラズマパネル製造工場などで休まず操業

   家電メーカーでは、パナソニックがプラズマパネルを製造する尼崎工場などでGWも休まず操業する。ただ、シャープの場合は、デバイス工場をカレンダーどおりの操業。液晶テレビやエアコンなどの製造工場は4月29日~5月5日まで休業する。

   自動車メーカーも好調な輸出によって増産が続き、一部がGWを返上して工場を稼働させるが、トヨタ自動車やホンダなどは昨年と同じ4月29日~5月5日までの7日間、休業する。

   国内景気の低迷が響いている建材メーカーなども、カレンダーどおりの休日になる。国内22か所に工場をもち、住生活グループでサッシなどを製造するトステムも、その一つ。「GWは、個々の工場では人員のシフトなどで対応するなどバラつきがある」といい、需要回復まで、もうひと息といったところらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中