リーマンの次は「欧州」危機 世界同時株安が進行

印刷

   世界同時株安への不安が再び広がっている。2010年5月6日の東京株式市場の日経平均株価は一時、前営業日(4月30日)と比べて374円79銭安の1万682円61銭まで急落した。米ダウ工業株30種平均は、ゴールデン・ウイーク中の4月30日から5月5日までに300ドル近く下げ、欧州の株式市場も軒並み下落した。中国の上海総合指数も、年初来安値を更新した。

   欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)が支援に乗り出しているギリシャの財政危機への不安再燃が世界中で株安を招いた原因だが、ポルトガルにスペインと、その不安は周辺国に広がっている。

ギリシャに「国家破産」の可能性

   リーマン・ショック以降から、ささやかれていた「欧州危機」が現実のものとなりつつある。ギリシャは、EUやIMFが行う3年間で300億ユーロ(約13兆7000億円)もの財政支援の見返りに、歳出削減と増税を断行するが、政府と国民が衝突し、死者が出るなど早くも実現を危ぶむ声が漏れている。

   経済評論家の小田切尚登氏は、「EUとの約束を守るのは相当厳しいですね」と指摘。ギリシャ国債が紙クズになる可能性も否定しない。

   小田切氏は、「国債は長期金利が上がれば返済負担は増えます。当面はよくても、10年間、20年間と払い続けられるかといえば、懐疑的にならざるを得ないです。欧米の経済学者もデフォルトの可能性を否定しません」と話す。

   いまのギリシャの財政危機を不透明にしていたのは、EUの共通通貨のユーロの存在だ。自国の通貨であれば、財政が悪化すれば自国通貨の価値が下がる。しかしギリシャの場合は国債を増発しているにもかかわらず、ユーロを使用しているので、財政悪化がユーロの価値に現れにくかった。

   しかも、ギリシャ国債を買っていたのがドイツやフランスを中心としたEU諸国の金融機関のため、ギリシャを支援しなければ「欧州発の世界恐慌にもなりかねない」(小田切氏)というわけだ。

「日本の銀行がギリシャに貸していないのは幸い」

   事態をさらに悪化させているのは、ポルトガルやスペインなどの周辺国にも財政危機がささやかれていることだ。米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは2010年5月5日、ポルトガルの格付けを引き下げの方向で見直すと発表。財政不安が拡大しているとの警戒感が強まったことで、世界中の株式市場で「売り」が相次いだ。

   ゴールデン・ウイーク明けの東京株式市場の下落は、いわば予想どおりではあったが、「350円超の下げは行きすぎだ」(証券マン)という。5月6日の終値は1万695円69銭で、前日(4月30日)比361円71銭安。これは今年最大の下げ幅だ。

   前出の小田切氏は日本の株式市場への影響について、「日本の銀行がギリシャに貸し込んでいない(ギリシャ国債を保有していない)のは幸い。また、外国為替も円は米ドルとユーロのあいだくらいの水準なので、輸出関連企業も米ドルが下がるほどの大きな影響はないと思われます」と話している。

   ただ、心配されるのは外国人投資家の動向。相変わらず、日本の株式市場に参加する投資家の多くは外国人投資家なので、「世界中のどこかのマーケットで株価が暴落すれば、その穴埋めに資金を引き上げるなど、影響は直に広がります」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中