DVD予約80万枚突破 全国で「エヴァ特需」起きる

印刷

   アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版第2作目のDVDとブルーレイに予約注文が殺到している。2010年5月26日発売にも関わらず、4月下旬の段階で80万枚を突破。DVD発売に合わせたローソンとのコラボ企画も好評で、もはや「エヴァ」と付けば何でも売れるという状況になっている。

   「エヴァンゲリオン」はオリジナルのアニメが1995年に放送された。これまでにも劇場版が数作作られてきたが、07年から「新劇場版」4部作が公開され始め、09年6月に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は290万人を動員。興行収入40億円を記録し、09年度映画興行収入ランキング8位に入った。

DVDやブルーレイ「ここまで売れるのは異例」

   DVDとブルーレイは2010年5月26日に発売される。劇場で放映された「2.0バージョン」をデジタルリマスター版にした「2.22バージョン」で、劇場未公開シーンなどの映像特典や、初回生産分には劇場上映生フィルムコマが付属する。

   発売元のキングレコードには既に小売店からの予約注文が殺到しているといい、4月下旬段階で、DVDとブルーレイ合わせて80万枚を突破。08年4月に発売された1作目『序』の発売後の売り上げは、DVD・ブルーレイ合計80~90万枚なので、それを大きく上回る反響だ。

   キングレコードの担当者も「ここまで売れるのは異例」とした上で、

「DVDは1万枚を超えると『売れた』というレベルなので、50万枚や100万枚というのはジブリやハリウッドの大作程度です。それに、アニメで売れる物というと、ジブリや『サマーウォーズ』のようにファミリー向けであることが多いのですが、『エヴァ』は違います。そうした点も珍しいですね」

と話す。また前作は売り上げ80~90万枚のうち、ブルーレイは約25万枚だったが、今作は予約注文約80万枚のうち、半数以上の約45万枚がブルーレイとなっている。

コラボ企画にファン殺到、3日間で中止

   DVDの発売に合わせて、コンビニエンスチェーン・ローソンが数々のキャンペーンを実施している。4月23日に、アニメの舞台となった神奈川県箱根の、ローソン箱根仙石原店で、内外装をキャラクターなどで装飾するコラボ企画を行ったところ、ファンが殺到。周辺の混乱が避けられないことから、3日間で中止になった。仙石原店では、関連商品を1000円以上購入するとオリジナル「エヴァンゲリオン箱根補完マップ」が貰えたのだが、5月6日現在、ヤフーオークションでこれが1600円前後で取引されている。

   また4月27日からは全国の店舗で、カップラーメンや缶コーヒーなどのタイアップ商品を販売しており、こちらも人気だ。ツイッターには「ローソンで5000円使った エヴァグッズずるいw買うわw」といったものが投稿されている。タイアップ商品は数量限定のためなくなり次第終了するが、ローソン広報によると、既に品切れしつつあるという。5月11からは、ローソン限定のオリジナルグッズの販売も予定しており、まさに「エヴァ特需」という様相を呈している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中