パナソニック「環境」中核に成長 太陽電池やリチウムイオン電池

印刷

   パナソニックが2010年5月7日発表した中期経営計画(2010~12年度の3年間)は、三洋電機を2009年末に子会社化してから初めてとなる中計だけに、太陽電池や蓄電池に強みを持つ三洋をグループ化したことを踏まえ、従来型家電企業からの脱却を目指す意欲的なものと受け止められている。

   具体的には新グループの技術力に定評がある環境エネルギー分野に軸足を移すことを鮮明にしたが、この分野は世界中の関連業界が競争にしのぎを削るだけに、思惑通り進むかは不透明だ。

太陽電池は補助政策による需要のブレが大きい

   新中計の概要は次の通りだ。

   まず連結売上高を、09年度の7兆4179億円から12年度に10兆円に伸ばすとした。今後の中核と位置づける環境エネルギー関連の売上高を12年度に8500億円に引き上げ、太陽電池は12年度に国内シェア1位、15年度に世界3位以内を目指す。パナソニックはかつて、太陽電池から撤退した過去があるが、兵庫県尼崎市のプラズマパネル工場内で三洋と協力して「次世代太陽電池」を開発、生産することを検討する。

   三洋、パナソニックともに技術力が高い「リチウムイオン電池」は、今後の市場拡大が見込まれるとあって、新中計で「世界シェア1位堅持」と位置づけ、今後基幹部品を共同開発し、より高性能な製品を供給する。

   環境エネルギーとともに柱となるのは新興国の市場攻略で、海外売上高比率を09年度の48%から12年度に55%にまで拡大する。このために、新興国中間層に合わせた「ボリュームゾーン」商品を投入し、12年度の売り上げを1兆円にすることを目指す――などの項目が並んだ。

   ただ、太陽電池は補助政策による需要のブレが大きく「怖い事業」(京セラ首脳)。実際、08年に世界1位のQセルズ(独)はリーマン・ショック後の欧州各国の補助見直しのあおりを受けて09年に最終赤字に転落した。日本市場は今、「補助金バブル」の様相だが、財政難の折、いつまでも続く保証はない。中国の新興メーカーなどが虎視眈々とシェア獲得を狙い、価格競争も厳しくなっている。

三洋との重複事業を整理できるかがカギ

   パナソニック・三洋連合が現時点ではリチウムイオン電池で世界に先行しているのは事実だが、サムスンなど韓国勢の躍進で価格下落も激しく、いつまで優位を保てるかは分からない。新興国市場は韓国勢が深く浸透しており、追う立場だ。

   一つのカギは三洋との重複事業を整理し、成長事業に重点投資して競争力を高めることだ。しかし中計で重複事業の整理にはほとんど触れていない。7日の会見で大坪文雄社長が白物家電の開発・生産を統合することなどで、3000億円規模の事業を撤退すると表明したが、詳細は不明で、スピード不足は否めないところ。むしろ三洋の6月人事で生え抜き取締役を2人増やすなど、円滑な融合を優先する気配が濃厚。和を尊ぶパナソニックの戦略が、かつてないスピードが問われる世界でどこまで通じるかが注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中