「レディー・ガガ」バッグに注目 日本語で「ビッチ」の書き込み

印刷

   米国の人気歌手レディー・ガガさん(24)のバッグが日本でにわかに注目を集めている。彼女のエルメスの高級バッグに、日本語で大量の「落書き」が書き込まれており、その中に下品で中傷めいたものがあるからだ。ネットでは「イジメみたいだ」「いや、褒め言葉だろ」などと話題になっている。

   ガガさんは、2008年に発売されたデビューアルバム「ザ・フェイム」が世界中で大ヒットを記録。「ポスト・マドンナ」と言われ、一躍世界のトップスターとなった。頭に巨大なエビのオブジェをのせるなど、奇抜なファッションでも注目を集めている。

推定120万円のエルメスに殴り書き

   初の日本公演は2010年4月に行われた。成田空港に降り立ったガガさんの右手には推定120万円もするという、エルメスの白いバーキンが握られていたのだが、日本語で「アイ ラブ スモールモンスター 東京ラブ」という文字が手書きで書かれていた。

   ガガさんは、自身のファンのことを「リトルモンスター」と読んでいるのだそうで、「このエルメスのカバンを持ち歩くので、街で見かけたらぜひリトルモンスターズにメッセージを書き込んでほしい」などと呼びかけていた。

   その後バッグが話題になることはなかったが、5月9日、海外のニュースサイトに掲載されたガガさんの画像に、日本語で大量のメッセージが書き込まれたバッグの姿が写り込んでいた。

   殴り書きが多く、「がが大好き」「感謝」「愛してる」といったもののほか、「裕貴」「リエ」など、自分の名前を書き込んだと思われるものが見られる。応援メッセージがほとんどなのだが、一方で「ヤリマンビッチ」と、卑猥な中傷とも取れる言葉も書き込まれている。

ファンに頼んで書いてもらった?

   2ちゃんねるではすぐ話題になり、「レディー・ガガのバッグにヤリマンビッチと書かれてる件」といったスレッドが登場。本人が分からないのをいいことに、日本語で中傷を書いた人がいるのが許せないという意見も多かった。

   ところが一方で、「ファンにビッチを日本語で書いてって頼んだらしい」といった噂も出ている。元々ガガさんは、デビュー前にストリッパーとして働いていた経験があるだけでなく、バイ・セクシュアルであることも自ら公言。曲中には「I'm a freak bitch(私はいかれたビッチ)」という歌詞もあることから「ガガに対してビッチって応援メッセージみたいなもんだろ」といった見方もされている。

   4月の日本公演は即日チケットが完売するほどの大成功を収めたそうで、5月10日と17日付けのオリコン・アルバム週間ランキングには、2作品が同時トップ10入り。洋楽女性ソロ歌手としては、マドンナ以来25年ぶりだという。22日には、自伝本『レディー・ガガ』の発売も決定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中