高岡蒼甫がブログ閉鎖宣言 「不倫騒ぎがイヤになった」

印刷

   女優の宮崎あおいさん(24)の夫で俳優の高岡蒼甫さん(28)が、ブログを閉鎖すると宣言して波紋を呼んでいる。理由は、不倫騒ぎでバッシングされ続けたことで心が荒んだというのだ。今後、夫婦関係はどうなるのか。

   不倫疑惑は、2009年2月までさかのぼる。グラビアアイドルの金原あすかさん(20)との「手つなぎ泊」が女性セブンで報じられたのがきっかけだ。

騒ぎ「反省はしてるけど後悔はしてない」

閉鎖宣言が波紋
閉鎖宣言が波紋

   酔っていた高岡さんがあすかさん宅で水を飲んだだけだと2人は釈明したようだが、その後、週刊誌で妻の宮崎あおいさんとの離婚危機が再三報じられた。

   2010年に入っても、週刊文春が4月28日発売号で続報。騒ぎで引退させられた、とされるあすかさんが「愛内りりあ」の名前で復活し、高岡さんとまた会っている情報もあると指摘した。あすかさんは連絡を取っていないと否定したものの、未だに疑惑がくすぶり続けているのだ。

   これに、高岡さんは精神的に参ったらしい。

   自らのブログで5月3日、「まだいろいろ否定されてるんだ。嫌われてんな~(笑)」と告白。「嫁のことで裏切った」「あんな可愛い奥さんを傷つけた」などとよく言われるとして、「可愛い人は傷つけたらあかん。自分が嫌いな人はかまへん。なんじゃそりゃ(笑)」と反発を露わにした。

   そして、あすかさん宅では水を飲んだだけと言いたいのか、「反省はしてるけど後悔はしてない」と書いた。「失敗して大変だったけど、あんなもんで済んでよかった。相手を不覚にも傷つけてしまったけど、裏切るようなことなんか一つもしてない」とも言う。

   さらに、この日ブログを更新し、騒ぎで芸能界を辞めたかったとも明かした。「"あの事"の負担も日に日に半端なくて、バッシングが何年も続くうちに元気がなくなっていって」というのだ。

   この日最後の更新では、「今は、荒んでる」のでブログの書き方が分からないとして、なんと「このブログを閉じます」と宣言したのだ。

宮崎あおいさんとの離婚危機は?

   高岡蒼甫さんは、なぜかその後もブログを更新し、2010年5月8日の日記では、「決して誹謗中傷とかバッシングとか色々?に疲れて辞めるとかじゃない」と現在は元気であることを強調した。しかし、12日の更新「ファンのみなさまへ」では、所属事務所のスターダストプロモーションの名で、13日をもってブログを正式に閉鎖することを明らかにした。

   バッシングで心が荒んでいるというが、結婚生活の方は大丈夫なのか。

   芸能リポーターの梨元勝さんは、金原あすかさんとはもう会ってないのではないかとみるものの、未だに女性のうわさが絶えないと指摘する。

「先日は、高岡さんが大阪ミナミのクラブ女性と近く食事をするとの情報をキャッチしました。高岡さんも宮崎あおいさんも、夫婦円満であることを強調していますが、それも何か変ですね。一つ間違うと、離婚問題に発展しますよ」

   ただ、梨元さんは、すぐ離婚ということにはならないとみる。一つには、今や国民的女優になったあおいさんが、爽健美茶など10本ものCMを抱えているからだという。

「CMが1本6000万円というのは、すごい契約内容です。彼女が離婚すれば、イメージダウンになるので、とてもできないでしょう」

   さらに、2人にはラブラブ目撃情報も報じられており、あおいさんが高岡さんにぞっこんだったこともあるとする。

「ヤンキーな彼に、惚れ込んでいたようですね。彼女は、子どもを作りたいとも聞いています」

   円満情報は、「仮面夫婦」の演技なのか、それとも「雨降って地固まる」なのか…。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中