長谷川洋三の産業ウォッチ
近藤政務官の成長戦略:中国企業の日本進出歓迎する

印刷
「中国企業の日本進出は歓迎すべきことだ。日本企業だけで勝負する時代ではない」

   近藤洋介経済産業大臣政務官は2010年5月25日、中国の繊維大手、山東如意科技集団(山東省)が東証1部上場の大手アパレルメーカー、レナウンに出資して筆頭株主になることについてこう発言した。東京都内で開いた有識者の勉強会で「日本の新しい成長戦略について」講演した後、出席者の質問に答えた。

   中国企業の対日進出は最近活溌になっており、2009年に家電量販大手の蘇寧電器が東証2部上場で同業のラオックスに出資、聯想グループ子会社がジャスダック上場でシステム開発会社のSJIの筆頭株主になったほか、電池・自動車大手のBYDが金型のオギハラ(群馬県太田市)の館林工場を買収した。

   山東如意はレナウンの第三者割当増資により発行済み株式の41%を約40億円で取得し、筆頭株主になる。山東如意の邸亜夫董事長はレナウンを傘下に置くねらいについて「レナウンは有名なブランドで品質も優れている」と指摘、経営不振のレナウンは、山東如意の繊維や生地を活用し、衣料品の生産コストを下げて、レナウンの衣料ブランドを中国市場で販売するなどの効果を期待している。

「原子炉プラントでも外資と組んで勝負することあってよい」

   2009年度の中国企業の海外企業買収は、民営企業が成長戦略の一環として積極的で、買収総額は前年度比37%増の2092億ドル(約19兆円)に達した。

   近藤政務官は「国家防衛上問題のある分野を除き、基本的には外資にはヒトもモノもカネもこれまでより倍増させたい」と強調、「原子炉プラントなどの海外ビジネスでも外資と組んで勝負することがあってよい」とした。近藤政務官は、鳩山首相を議長とする成長戦略策定会議の事務局チームの事務局長補佐を務めており、6月に成長戦略検討会議を開いて新成長戦略の全体像を閣議決定する。

   自動車産業などに依存する「一本足構造」から、環境、健康、文化産業などの多様な分野での「八ケ岳構造」への転換や、「高機能・単品売り型」から、「システム売り、課題解決型、付加価値型」の産業への転換、欧米、内需に加え、「アジア内需」の取り組みなどを、目指すべき姿として描いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中