「ひこにゃん」キャラ使用有料化 契約申請続々で市職員てんてこ舞い

印刷

   彦根市が市のキャラクター「ひこにゃん」商標使用を有料に切り替えたところ、2010年5月27日までに41社、203アイテムの申請があった。10年6月から本格的に申請を受け付けるが、市ではこの1年間で1000アイテムを超える契約が成立するのではないかと見ている。

   彦根市は国宝・彦根城築城400年祭と、井伊直弼と開国150年祭のキャラクターとして兜をかぶった猫のイメージキャラクター「ひこにゃん」を2007年に考案。姿形が可愛いと評判になり、全国的にファンを広げていった。

ぬいぐるみ、マグカップ、ピンバッジ…

   市はPRを目的に、これまで無償で「ひこにゃん」の商標使用を許諾してきたが、この3月で開国150年祭が終わったことを境に、「ひこにゃん」の商標使用を有償にした。

   商標使用の許諾契約の開始は10年5月26日。27日までに41社、203アイテムの申請があった。申請した企業は市内が中心だが、県外からの問い合わせも多い。現在、申請されているグッズは、ぬいぐるみ、マグカップ、ピンバッジ、携帯ストラップ、ボールペンなど。1年以内には1000アイテムの許諾を出す見込みだという。

「ひこにゃん」は今や市の大切な財産

   商標使用料は、販売予定額の3%。国や地方自治体、NPOなどの公益目的や、報道目的だった場合などは無料になる。ちなみに無償の頃、「ひこにゃん」を使用していたのは280業者、1400アイテム。その合計売上げは推定8億円だった。仮に3%の使用料を課していたとすれば、約2400万円が市に転がり込んできた計算だ。

   有料化すると、「ひこにゃん」離れが起きるのでは、という不安もあった。しかし、いざフタを開けてみると、申請や問い合わせの多さに市職員はてんてこまい。そのため、業務は5月末までに一段落させ、体制を整え6月中旬から本格的な許諾業務に入ることにしたのだそうだ。市職員は

「お子様と若い女性を中心に大人気で、彦根市の観光客誘致にも『ひこにゃん』は大活躍しています。今や市の大切な財産になっていますので、これからも大切に育てていきたいと思っています」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中