感染力強く、治りにくい新型水虫 頭や顔、体にできるのが特徴

印刷

   夏に向けて猛威をふるう水虫。この10年ほど、足に寄生する水虫とは異なる「新型水虫菌」が、格闘技選手やその家族に広がっている。顔や首に湿しんが出るといった症状が多いが、頭に寄生すると毛が抜けてしまうこともある。症状がない人もいて、感染を食い止めるのが難しい、という。

   新型水虫菌(トリコフィトン・トンズランス菌)はアメリカやヨーロッパで確認され、日本では2001年に柔道部員など格闘技選手の間で集団感染が報告された。接触感染することから、海外選手との試合で感染したと見られている。

新型は髪の毛や体毛を好み、毛の中に入り込む

   一般的な水虫は足に寄生することが多い。一方、新型は頭や顔、体で確認されている。症状は頭と体で異なる。頭の場合はフケやかさぶたができ、脱毛することもある。体にはリング状の赤い発疹ができ、虫さされやかぶれに似ているという。

   日本皮膚科学会皮膚科専門医の清佳浩教授(帝京大学医学部附属溝口病院)によると、国内感染者は推定2000人に達する。格闘技の選手が多く、98%が柔道、レスリング、相撲。ラグビーの選手も確認されている。接触感染のほかに、タオルなどを共有して伝染する可能性があり、家族にも感染が広がっている。

   新型は感染力が強く、治りにくいのが特徴だ。清教授は、

「一般的な水虫菌よりも短時間で感染します。また、新型は髪の毛や体毛を好み、毛の中に入り込みます。塗り薬では治りにくく、飲み薬が必要です」

と注意を呼びかけている。

   清教授によると感染しても症状がまったくなかったり、頭の中に寄生して気がつかないこともあり、感染拡大を防ぐのが難しいようだ。

ミズノは増殖抑制効果ある柔道畳を発売

   2012年から中学校で武道(柔道、剣道、相撲から1つを選択)が必修になる。それもあって、こんな商品も登場した。

   スポーツ用品メーカーのミズノ出光テクノファインと共同で、新型水虫菌の増殖抑制効果がある柔道畳を開発し、2010年3月に発売した。

   抗菌剤を開発した出光テクノファインによると、新型水虫菌を含む372菌種の細菌や真菌(かび)、藻の増殖抑制効果が確認できた。肌着や靴、スーツの裏地などに使用しているが、柔道用品の使用は「初めて」だ。ミズノ広報担当者は「学校からの問い合わせが結構きている」と明かし、反響は大きいようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中